seikoukakuritu

店舗の業種によっても異なりますが、飲食店ではオープンから3年以内に廃業する割合が、約7割を占め、10年以内では9割以上が廃業すると言われています。成功確率は10年で1割以下ということです。経営の素人でも参入しやすい業種は、成功確率が低く、廃業する率が高いということでしょう。

このように、経営に関しての知識が乏しく、行き当たりばったりの経営をしてしまうと、準備に時間や費用をかけて店舗を開業しても成功確率が低くなってしまう可能性が出てしまうのです。ここでは、店舗経営の成功率を上げるための方法を説明します。

店舗を開業して成功確率を高めるには

店舗を経営し、成功するには、開業前には、しっかりと経営の基礎知識を身に着け、準備を整えることが大変重要なのです。これは、開業する業種の知識とは別に、経営の基礎知識を身に着けることが大切であり、自分が開業したい業種や業態でのスキルとは違います。店舗経営をしていく前に、最低限の基本知識がなければ、経営で成功することはできません。開業前に覚えるべき3つの知識についてあげてみました。

覚えるべき経営の知識とは?

  • 損益計算が分かる経理・財務の知識
  • 営業方法・マーケティングについて
  • コミュニケーション能力

経営の基本的な知識は他にもありますが、廃業する方の多くの方が、『資金不足』が原因となります。だからこそ、経理・財務の知識は必ず勉強しましょう。初年度から黒字となる場合は、税金対策についても勉強しましょう。翌年の所得税や市町村税、国民健康保険など、税金納付が多くなると、資金繰りが厳しくなります。

店舗開業しても、営業や集客方法について、知識がなければ、売上を作ることができません。特に専門職からの起業する方は、営業のノウハウがなく、廃業するケースも多いのです。

ライバルが多い業種に参入しても成功確率は高められる

あなたが、比較的参入者しやすい業種で店舗開業を希望している場合、たとえライバルが多くても、経営者として、経営の知識を学び、万全の態勢で開業に挑めば、成功確率が高まります。

店舗開業の経験がなくても、経営の専門知識を学ぶことは可能なのです。時間、経費、労力を無駄にしないように、しっかりと事前準備をしましょう。

店舗開業について

店舗開業で必要な総額や融資などの情報は、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130