店舗内装工事を激安にする3つの方法とは?

店舗開業で、店舗内装工事に費用をかけたくない、開業資金が少なく、店舗内装工事に費用をかけられない方へ、出来るだけ工事費用をかけずに激安で内装工事を行う方法についてアドバイスします。

1.店舗内装工事費用を激安にする物件選びとは?

店舗内装工事費用を激安で行うための絶対条件は「居抜き物件」を探すことです。なぜなら、物件の基本的な設備で内装工事の費用は変わります。そのため、電気、水道、空調、給排気の追加工事の少ない居抜き物件を探しましょう。また、店舗内装のレイアウト変更が少なくてすむ居抜き物件を探しましょう。

2.店舗内装工事を自分で行い、費用を抑える

内装工事費用を抑えるために、内装工事すべてを自分でやることは不可能です。しかし、自分で出来る部分の工事は自分で行い、内装工事費用を抑えることができます。素人でも簡単にできる内装工事はこちらです。

  • カウンターや棚などはDIYで作る
  • キッチン、トイレのタイルの張替
  • 壁紙の張り替え
  • スタッフスペース装飾
  • 看板の作成

注意点として、電気工事や木工工事などは、高いスキルが必要な作業となります。プロがしかできない内装工事はプロへお任せしましょう。プロの手が必要な部分の自己作業での失敗は余計な費用がかかります。そのため、簡単にできる内装工事のみ自分で行いましょう。

店舗内装工事を激安にするために失敗した例

内装工事費用を安く済ませるために自分で工事を行い失敗し、余計に費用がかかる場合があります。

内装工事の基礎知識から、専門知識を勉強する時間や慣れない作業で時間がかかります。賃貸物件の場合は家賃がかかります。そのため、準備期間が長くなると内装業者に依頼する方が安かったという失敗例もあります。なので、基本的には自分での作業は、オススメしません。

また、親戚や友人に内装工事を激安で依頼し失敗したケースもあります。工事費用は激安になりました。しかし、仕上がりが粗い、工事が遅いなどの問題があります。そのうえ、修正などの問題は、親戚や友人に依頼しづらいということもあります。そのため、別の内装業者へ依頼して余計に費用がかかったなどの失敗もあります。かなり親しい友人やお任せできる知人がいる場合のみ依頼しましょう。

3.店舗内装設備の激安品をネットで探す

店舗内装設備は、内装業者が提携しているメーカーや業者のもの設置します。そこで、新品を導入すると、かなり費用がかかります。だから、設備費用を激安にするためには中古品の導入をおすすめします。

激安の中古品をネットで探す場合、購入前に店舗で使用できるか内装業者に確認しましょう。購入してから、サイズが合わない、規格が合わないなどで使えない場合もあります。また、送料もしっかりと確認しましょう。商品は激安でも送料や設置費用が高くては、内装費用を激安にすることができません。

店舗内装工事を激安で行うための3つの方法と注意点とは?

店舗の内装工事費用を激安にする方法は、①内装工事が少ない居抜き物件を探すことと、②できるだけ自分で工事を行うこと、③中古品や激安で購入した設備を設置することの3つになります。

注意点として、激安で内装工事を行った場合、完璧な仕上がりを求めるのはかなり難しく、期待できません。将来的に店舗の修繕や改修などの問題が発生する場合もあります。そのため、激安での店舗内装工事依頼や自己作業はリスクを含めて検討しましょう。

その他、店舗開業の大切なお金について

店舗開業で必要なお金についての情報は、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ