店舗開業で、まず、はじめに準備すべきこと?

あなたが何かの店舗を開業したいと思ったら、何から始めるか、様々な準備があり混乱してしまうかもしれません。ここでは、まず本当の最初の一歩として何をするべきかを3点に絞り、ピックアップしていきます。

①自己資金を増やすため、少しずつでも良いので、積立をはじめましょう

自分で店舗を開業したいと、決めたときから、すぐ積立などでお金を貯めましょう。店舗を開業する際には、思った以上に初期投資の費用がかかります。

開業時に金融機関から借り入れをする場合、自己資金がないと、融資がうけにくいのです。また、公共の創業者向け融資制度を利用するにしても、自己資金があって、初期費用に余裕があれば、立地、内装、設備など、成功に必要なことにお金をかけることができるのです。

店舗を開業することを目標にしたら、すぐにでも、積立などでお金を貯めることをお勧めいたします。

②繁盛している人気のお店に出かけて、雰囲気、商品、サービスなどをメモする

繁盛している人気店には、それだけの理由があるのです。その理由を見極めるには、ネットの口コミなどを見るより、実際に足を運ぶのが一番です。

人気の商品、サービス、雰囲気(インテリアや内装)、立地、客層、価格などの、繁盛している感覚を体感するために、実際に出かけ、購入、飲食をし、支払いまでを自分で確かめること、感じることが大切なのです。

③同業態の店舗で勤務してみる

自分が開きたい店舗での勤務経験は必須といえましょう。アルバイトでも良いので、できれば繁盛しているお店で勤務してみることが望ましいです。勤務することで、繁盛店のノウハウを知り、成功しているエッセンスを吸収できるのは、大変貴重な体験になります。自分で独自店を開業するつもりだったとしても、チェーン店での勤務も後々役に立ちます。特に、店舗の売り上げや経費などの数値管理は、積み重ねたノウハウがあります。そのノウハウを学べることは貴重な体験になることでしょう。

開業の準備に必要なことを挙げてみました。どれも特別に難しいことではないと思います。しかし、簡単でできそうだと、おろそかにできないことばかりです。自分の理想の店舗を開業するために、計画立てて準備を行っていきましょう。

店舗開業準備について

店舗開業準備についての情報は、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ