店舗を開業する際に、内装工事にかかる費用は初期費用の大部分を占めます。店舗にとって、内装のデザインにより、集客の差が出たり、スタッフの動線やメンテナンス性にも影響が出てしまいます。つまり、内装工事の出来次第で、繁盛店になり、ランニングコストも変わるという重要なポイントなのです。そのため、優良内装業者を見つけることがとても重要となります。優良内装業者を見つけるために、どんな内装業者が良いかを選ぶチェックポイントを説明します。

店舗内装の実績が豊富な内装業者であること

自分が依頼する業種の店舗内装工事の実績があるかどうかは非常にポイントです。内装工事実績が豊富であるほど、店舗を開業する人の気持ちを知り、良いデザインを提案してもらえる可能性が高まります。経験が無い内装業者でも工事はできますが、表面的な工事だけの対応で、アドバイスや細かな部分のケアはしてもらえません。やはり、実績のある内容業者を選ぶように、内装業者の実績を聞いてみましょう。

デザイン、内装を手がけた業者の店舗が繁盛店であること

デザインや内装を手がけた店舗が繁盛店であるかどうかも、判断基準になります。気になる内装業者が手がけた店舗が近くにあるのなら、実際にお店に出かけてみるのも良いでしょう。内装業者の提案や繁盛店の仕組みなども聞くことができるかもしれません。繁盛店の店づくりを知っているだけで、大きなポイントになります。

対応が良いところを選ぶ

内装工事は工事期間が長く、調整も多いものです。対応に時間がかかったり、コミュニケーションが悪いと、納期が遅れ、コストが多くかかります。問い合わせや依頼について、対応が悪い内装業者では、時間のロスもコストもかかってしまいます。相場より安い内装業者より、きちんと対応してくれる内装業者を選ぶのがポイントです。

また、内装工事が終了し、開業してからも使い勝手や不具合などがあり、追加工事をお願いする場合があります。その際にも内装の業者に依頼し、アフターフォローを依頼しなくてはなりません。デザイン提案時から、担当者の対応が悪い、こちらの意見をちゃんと聞く姿勢がない。という場合は担当替えや、業者変更を考えましょう。

どの内装業者が良いか選ぶには、複数の内装業者に相見積りを取る事

どの内装業者が良いのかを見極めるには、比べてみなければ分かりません。だからこそ、複数の内装業者の相見積もりが必要になります。相見積りをとることで、提案を参照して自分の店舗のイメージを固めることもでき、それぞれの業者の提案を比較検討して、業者選定もしやすくなります。また、不要な内装で高額な見積りをしている悪徳業者も比較することで見つけやすくなるのです。優良な内装業者を見つける前に、見積書の見方も覚えておきましょう。見積書だけで判断できない場合は、当社がアドバイスしております

優良内装業者は、お客様の立場に立って、良い提案をしてくれるものです。またアフターフォローに関しても、気持ちよく対応してくれることでしょう。自分の要求に合わない高額の見積もりを提案する内装業者や、要望を反映してくれない業者、対応が悪い業者など、悪徳な業者か、良心的な業者か、しっかり見極めて、内装工事を依頼しましょう。

店舗内装工事について

店舗内装工事についての関連情報は下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130