店舗の経営者の実際の収入はどれくらい?

実際に店舗を経営することでどのくらいの収入が得られるのかは経営する業種、業態、などの内容により大きく異なることは、もちろんです。ここでは、初めての店舗経営でも参入しやすい飲食店を例にとり、収入についての説明をしていきます。

飲食店経営者の収入の実例

飲食店主の収入例

例に挙げる経営者は、個人事業主として飲食店を営業しています。(比較的郊外にある、路面店でラーメンを提供するお店です。)

月の平均売上が、300万円ほどです。ここから必要経費を除き、最終的に残った利益は、40万円とすると、これが経営者の毎月の収入になるのです。

必要経費に含まれるもの

詳細な内訳として必要経費に含まれるのは、仕入れ、人件費、店舗家賃、水道光熱費、その他の経費などです。

それぞれの金額をざっとあげてみましょう。売上が300万円として、仕入れ高が100万円、店舗家賃が30万円、人件費が70万円、水道光熱費が、30万円、その他の経費が30万円とした場合、売上金額から、上記の金額を引いたものの残りが40万円です。

しかし、ここから、借金を返し、生活費を賄い、健康保険や年金などの各種の個人的な支払いなどをするとしたら、決して、高収入とは言えない状況かもしれません。

上記の例のように、脱サラをして飲食店を始めた場合、サラリーマン時代の収入が多かった。と考える方もいるでしょう。しかし、店舗経営が軌道にのり、何店舗も経営する、あるいは一店舗でも、売上の大きい店舗であれば、高収入を得ることも可能なのです。

店舗経営は、リスクもありますが、高収入を得るチャンスもある仕事といえましょう。

店舗経営の不安についての

店舗経営をする前に知っておきたい成功確率や必要な費用についての情報は、下記のページをクリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ