居心地の良い店舗の照明デザインとは?

一定時間を過ごす飲食店やクリニックなど店舗では、お客様に『居心地の良さ』を提供することが必要です。その居心地の良い店舗の要因が、実は『照明』の選び方や使い方です。ここでは、居心地の良い店舗に必要な照明デザインの選び方について説明します。

店舗の照明デザインが果たす重要な役割とは?

飲食店舗での照明デザインの効果は料理を美味しそうに見せる役割があります。また、物販店でも、商品のデザインが良く見える照明デザインなどがあります。そのため、照明の選び方、使い方により店舗内の雰囲気が大きく変わります。雰囲気の作り方で、売上や集客にも影響しますので、照明デザインは慎重に選びましょう。

店舗に使われる主な照明の種類とは?

店舗の照明には 店舗を幅広く照らす全体照明や、一部分だけを照らす部分照明、直接光を当てずに雰囲気づくりに使う間接照明などがあります。各照明についての説明は以下になります。

全体照明

店舗内の明るさを確保するための照明です。店舗全体に最低限の明るさにすることが目的です。ちなみに業種・業態によっては必要な明るさが決まっています。全体照明の器具を購入する前に店舗に必要な明るさをチェックしましょう。

部分照明

商品やその一部を強く照らす照明のことです。スポットライトとも言い、ディスプレイや飲食店のテーブルを照らす照明によく使われています。

部分照明は、店内のレイアウトを変更する場合も考えて、移動でき、角度の調整などが容易にできるものを選びましょう。

間接照明

明るさを求めるのではなく、雰囲気づくりや演出に使われることが多いのが間接照明です。光源が見えないため、目が疲れにくいので、オフィスの照明などにも利用されています。

店舗の照明デザインで変わる演出効果とは?

店舗内の照明の光色や明るさ、設置する場所によって店舗のイメージや雰囲気はかなり変わります。また、照明の光色や明るさ、背景のデザインによっても商品の見え方が変わります。そのため、部分照明など商品を魅せるための演出につかう照明には細かい配慮が必要です。

居心地の良い店舗の照明デザインを選ぶためには?

居心地の良い店舗にするためには、内装のデザインや素材、設置する什器選びも重要です。しかし、それらを綺麗に魅せるためには、照明の光の質や量、配灯を決める照明デザインが必要です。

数多くある照明の種類や光色の中から、あなたの店舗のデザイン、素材、設置する商品やサービスを活かす照明を提案できる内装業者や店舗デザイン業者に内装工事を依頼しましょう。

人気・繁盛店舗のデザインについて

人気・繁盛店舗の内装デザインの参考情報、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ