店舗経営での必要な売上の目安とは?

では、店舗を開業した場合、売上がどのくらいあれば継続して店舗を運営していけるのでしょうか?まだお店を始めていない、開業前に売上の目標を立てるのは、難しいところです。しかし事業計画を立てる際に、売上がどのくらい必要か、目標を立てることを求められますので、避けて通るわけにはいきません。

また、売上の目安をわかっていないと実際に店舗を開業したはずに、「こんなはずではなかった。」とあわてる羽目にもなりかねません。お店を開業し成功させるためにも、売上目標を決めることはとても重要なことなのです。

ここではいくつかの売上目標の目安の立て方をお知らせいたしますので、店舗開業時の参考にしてください。

家賃から売上目標を立てる

店舗家賃は固定の経費の中でも大きいものです。店舗を開業した場合の店舗家賃から売上目標の目安を決めることで、どのくらいの売上があればよいのかを決める方法です。家賃から売上目標を決める場合は、家賃が大体売上高の10%であれば、無理のない売上目標と言えるでしょう。

例えば、店舗の家賃が月20万とすると、売上目標は月200万となります。逆に目標とする売上から逆算し、支払可能な家賃を決めることもできます。ただしこの方法だと、家賃に地域差があるため、目標を立てにくい場合もあるので注意が必要です。

店舗の一坪当たりで、売上目標を決める

これは店舗の一坪あたりの売上高を目標の目安にするという考え方です。たとえば一か月あたり、一坪15万円を売上の目標とします。ひと月に、一坪当たりの売上が15万円を超えたら、売上の目標を達成したと考えるのです。この方法にすると、店舗の広さや、地域差による賃貸料にかかわらず、売上の目標を設定し、試算することができるのです。

売上目標の目安がわかれば、それを達成するために、どのようにしたら良いか考えることができます。また、無理、矛盾の無い事業計画が立てられます。

店舗開業準備・経営計画について

店舗開業準備や大切な経営計画の情報は下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ