店舗運営で、集客が出来ず、リピート率が低く売り上げが上がらないなどの問題はありませんか。それやの問題は、店舗の内装などに問題がある場合があります。店舗づくりをしても、お客様との感覚のズレがあり、受け入れられないケースがあるようです。ここでは、問題点を店舗改装により、解決する方法などをご説明します。

店舗内装で見直すべき項目を確認する

  • 店舗のコンセプトはお客様にあっているか?
  • ターゲットとする客層と店舗の設備、機能があっているか?
  • お客様に認知される外観やデザインであるか?

店舗づくりで、くつろげる空間づくりを目指していてもお客様には、居心地の悪い空間になっていないかなど、店舗コンセプトとお客様が感じる感覚にズレがないか確認しましょう。確認方法として、アンケートやヒヤリングの協力を依頼します。これは店側が思い込んでしまっている部分があるため、改善には、実際のお客様に聞いてみることが重要になります。

また、ターゲットと店舗の内装や設備、機能にズレがないか、確認しましょう。ファミリー向けやママさん向けの店舗では、小さなお子様向けの設備や機能が必要となります。特に女性が利用する店舗では、トイレの設備が悪いと次に利用いただけません。客層を見極め、ニーズのある設備や機能を導入しましょう。

飛び込み客が極端に少ない店舗であれば、外観などが目立たない可能性があります。認知されない店舗では、集客が難しく、早急な改善が必要になります。外からの認知できるかどうか、知人や友人などに協力してもらい、確認しましょう。以上の3点に問題がある場合、店舗内装工事で改善していきましょう。

店舗内装工事を決定する際には以下の項目を確認、検討する

  • 再度決めたコンセプトに沿って店舗全体のイメージを変える場合のデザイン計画
  • 店舗の視認性を高める、外装などのデザイン計画
  • 動線、生産性、サービスなどを考えた、機器の入れ替え、設備などのレイアウト変更
  • 客層に合わせた設備・機器の導入
  • 店内イメージを見直したコンセプトに合わせて、変更(音響や照明など)

お客様が思うイメージや感想がその店づくりになります。店側の一方的な思い込みだけでは、お客様は遠のいてしまいます。きちんとお客様のニーズに沿う店舗内装づくりができるように改善していきましょう。

店舗改装工事について参考記事はコチラ

店舗改装工事の関連情報は下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130