店舗を開業する際のテナント探しのポイントとは?

店舗開業に際し、良いテナントを見つけるには、良いテナント物件を見つける目を養うことが大切です。それには、「情報をたくさん収集し、できる限り物件を見ること」が必要です。

自分の理想のテナントを見つけるには、できる限り自分で出かけて、自分の目で見定めることが重要です。その積み重ねで、自分がどんな店を望んでいるのかが明確になり、理想の物件が見つかりやすくするのです。

また、テナント選びは、焦らずにじっくり探すことが大切です。少なくとも、1年はかける気持ちでいた方が良いでしょう。もし、1年かけても、自分が希望する地域で良い物件が見つからなかったという場合は、希望するような物件が、その地域で今後も見つからない可能性が高いのかもしれません。その場合は、その地域に限らず物件を探すか、条件の見直しをしてみましょう。

では実際に物件を探す場合、どのようなポイントに留意すればよいのかをお知らせします。

気になったテナント物件はかならず現場を見に行く

インターネットや情報誌などで見つけた物件は人任せにせず必ず自分で現場を見に行くことをお勧めします。

テナント物件を見たら、契約をするかしないかできるだけ早く回答する

不動産業者にとって、回答をあいまいにされるお客様は信用しにくいと判断されて、次回優良物件があっても紹介してもらえない可能性もでてきます。自分の条件に合わない場合でも、気兼ねせず、きちんと断ることが大切です。

気に入ったテナント物件があったら、借りたい旨をすぐ明確にする

物件は気に入ったら、すぐに契約したい旨を表明しましょう。物件の条件などはそのあとの交渉も可能なのです。

テナント物件の現場を見に行く際に「事業計画書」を持参する

貸主はより成功し確実に支払をしてくれる借主にテナントを貸したいものです。テナント物件の現場に行く際に持参し、気に入った物件に出会い、契約を希望する場合に、しっかりとした事業計画書を提示することで貸主の信頼を得られやすくなります。

自分にとっての判断基準や優先順位、譲れない条件を明確にしておく

店舗開業に際し、家賃、立地、テナントの状態などすべてにおいて100%理想の物件に巡り合うのはなかなか難しいものです。そのため、自分の理想や条件の中でも、何が一番欠かせない要素なのか、自分なりに見極めて優先順位を決めておくと、物件を決める際にも役立ちます。

何れにしても、たくさんの物件を見ることで、本当に良い物件とはどのようなものか、また自分の開業したい店舗はどんなものなのか、明確になっていきます。物件を見て回ることは労力を要しますが、大変重要なことなので、必ず行いましょう。

店舗開業準備・テナント選びについて

店舗開業の手続きやテナントを決める参考情報は、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ