フランチャイズ店のメリット・デメリットとは?

店舗を開業する際に、フランチャイズに加盟することでは成功の可能性が高まると言われていますが、メリット、デメリット両方があります。ここではフランチャイズに加盟した場合のメリットとデメリットをお知らせいたします。

フランチャイズ加盟のメリット

①良い立地に出店可能性がある

まず、一番のメリットとして、フランチャイズ本部が、加盟店が開業できる物件を探しているケースがあり、開業の際に良い物件を確保できる可能性があることが挙げられます。良い物件を持つ大家さんが、独自店より、安定している企業として知名度が高いフランチャイズ店を優先する場合も多いのです。

②フランチャイズ本部が広告宣伝を担い、知名度があるため集客が楽な場合も多い

大手のフランチャイズ本部は知名度があり、フランチャイズ本部で広告宣伝を担うため、集客が独自店よりも楽だというのも、メリットです。知名度が高いことは、お客様の安心感にもつながります。

③店舗の運営経験がなくても、フランチャイズ本部のノウハウで開業・運営ができる

自身に店舗運営の経験がなくても、本部が様々な経営のサポートを行ってくれます。設備投資も比較的安価に済む可能性も高いです。マネジメントやオペレーションに関する様々蓄積された成功データがあり、経験不足でも開業が可能なのです。また、自分の店舗以外の店舗からの情報を共有し、さらにノウハウを蓄積できることもメリットのひとつです。

デメリット

①初期投資が多額になり、失敗すると負債が大きい

一番のデメリットは、フランチャイズに加盟する際に、ほとんどの場合、加盟金が必要なことです。(最初に支払う場合が多い。)また、特定のスタイルが決まっていて、店舗の規模やデザインを本部に合わせるため、初期投資が多額になる可能性があります。そのため、失敗すると負債も多大になります。

②フランチャイズ本部やほかのフランチャイズ加盟店の影響がある

本部の指示が自分の店舗と合わない場合でも、変更が難しい場合があります。また他のフランチャイズ加盟店の不祥事が、自分の店舗のイメージダウンにつながることも避けられません。特に、飲食店の場合、他の加盟店が衛生面のトラブルを起こした場合、多大な影響があることは、デメリットとなることを理解しましょう。

③多額のロイヤリティーが発生する

フランチャイズは毎月のロイヤリティーが発生します。自分の店舗の売り上げにかかわらず、支払いが発生して、運営が難しくなる可能性もあるのです。

フランチャイズに加盟する際に注意するべきことは何か?

店舗開業に際して自分の独自のカラーを出したい方は、成功ノウハウがある分、厳密なノウハウやルールがある、フランチャイズはあまり向いているとは言えません。

自分がオーナーで経営はするが、あまり店舗の運営にはかかわりたくない。という方にはフランチャイズに加盟するのに向いていると言えます。

自分が店舗を開業するにあたり、どんな立ち位置を考えているかで、どのようなスタイルで経営するのか決めるのが良いでしょう。

フランチャイズに加盟する際に、一番大切なポイントは事前に情報収集を怠らず、優良で、サポートがしっかりしているフランチャイズ本部を見つけることです。それを怠ると、成功どころか多額の借金を抱えることにもなりかねません。

フランチャイズのメリット、デメリットを理解したうえで、良い会社を見つけましょう。

店舗開業について

店舗開業については、下記情報も参考になります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ