人気店となるための美容室内装のポイントとは?

現在の美容室の内装は、オーナーのコンセプトに合わせて多種多様となっています。特に、美容室は競合することが多いため、差別化するためには、内装やサービスなどに工夫することが必要になります。

ここでは、人気店になるための美容室の内装のポイントを知っておきましょう。

美容室の内装デザインを決めるためのリサーチ

近隣の競合店舗と内装やデザインが似てしまっては、新規集客が難しくなります。そのため、店舗内装で差別化ができるように、出店する地域にどれだけの美容室があるかチェックしましょう。また、その美容室の内装のデザインや客層までのリサーチしておきましょう。

美容室のリサーチポイント

  • 出店予定の美容室の店舗数
  • 美容室の内装デザイン
  • 客層
  • 来店率が高いのはどんなお店か
  • サービス内容と価格帯
  • その店舗のオススメメニュー

美容室の内装費用を決める際のチェックポイント

美容室の内装は見た目で差別化できるように内装費に予算をかけている店舗が増えています。シャンデリアなど、高価なインテリアを設置し、高級感を感じる美容室内装があります。また、カフェのようなソファやテーブル、カウンターなどがある内装の美容室も増えています。

そこで、内装費用を決める際に知るべきことは、美容室など競合店が多い業種はお客様の分散化が進み、昔に比べて1店舗当たりの売り上げは落ちていることです。過剰な内装の設備投資は、回収が難しくなります。そのため、店舗内装費用は見た目の差別化や理想の空間づくりだけでなく、競合店舗の数も加味して、自店舗の売上予測と合わせた内装費用を考えましょう。

内装費の考え方とチェックポイント

  • 内装費を上げると、メニューの単価も上げなければ回収できない
  • メニューの単価を上げると、技術力や実績などお客様のニーズも高まる
  • 美容室集客はかなり難しいため、販促費などの運転資金も初期費用で必要

人気店となるための美容室内装のポイントとは?

人気店となる美容室の特徴としてあげられるのは以下の3つが上位を占めています。そのため、人気の美容室になるための内装は『居心地の良さ』を考慮したデザインを作ることが必要になります。

  • カットが上手い
  • 居心地の良さ
  • スタッフの接客の良さ

お客様に喜ばれる居心地の良い美容室内装の考え、良いサービスや良い接客を行うことが人気の美容室になるために必須となります。

業種、業態ごとの店舗内装の注意点とは?

その他業種の店舗内装の注意点は、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ