失敗しないための居抜き物件・店舗の注意点とは?

店舗開業で出来るだけ予算を抑えるためには居抜き物件での開業がセオリーです。

開業のための予算を抑えたい場合は、出来るだけ店舗設備の整った居抜き物件を見つけましょう。ただし、居抜き物件だからこその問題点があります。居抜き物件選びで失敗しないために、居抜き物件を借りる前に、注意点を知っておきましょう。

居抜き物件の設備機器での注意点とは?

居抜き物件は店舗の内装に設備機器がすでに入っているために、あなたの店舗開業には不要な設備機器が入っている場合もあります。不要な設備機器は撤去します。また、レイアウトの変更により、設置されている設備機器が使用できない場合もあります。もし、その設備機器がリースの場合、不要で撤去しても、リース費用の支払いが残る可能性もあります。そのため、設備機器の契約内容まで賃貸契約前に確認しましょう。

居抜き物件の設備機器の注意点は以下になります。

  • 不要な設備の撤去の有無
  • 設備の保証期間(保証が切れていると、メンテナンスの費用がかかる)
  • 老朽化による使用の問題(故障やランニングコストがかかるなど)

《要チェック》店舗の賃貸契約前にすべて試運転して正常に動作するか必ず確認すること

居抜き物件の設備機器は使用時の確認を行うこと

居抜き物件で、内装工事が完了し、開店準備で設備機器を使用してから、問題が発覚し、その改修に費用がかかったというケースもあります。居抜き物件のよくある失敗ですので、以下の点も忘れずにチェックしましょう。

居抜き物件の設備は容量を確認すること

  • 席数を増加する場合、既存の空調で対応できるか?
  • ガスレンジの火力は足りるのか?
  • 電気設備を追加する場合、電力の容量は足りるのか?
  • 水圧に問題がないか?
  • 給排気の設備に問題はないか?

居抜き物件の見えない問題をしっかりと把握すること

居抜き物件は、前に経営していた店舗が、なんらかの理由により閉店、退去しているものです。必ず、不動産会社や物件オーナーに閉店、退去の理由を確認しましょう。もし、前の店舗の評判などで悪いイメージがある場合、集客に影響します。そのため、見えない問題がないか、しっかり確認しましょう。

居抜き物件の見えないトラブルとは?

  • 前の店舗で問題(ネットでも調べてみる)
  • 大家とのトラブルが多い
  • 隣人や近所とのトラブルが多い
  • 店舗以外での問題(立地やアプローチでの問題がある)

居抜き物件で失敗しないための重要なポイントとは?

居抜き物件は一から内装工事を行わずに、初期投資を抑えることができます。また、短い期間で開業することできます。それで、早く売上をあげることができることが大きなメリットと言えます。しかし、早く開業したいからと言って、物件の設備や契約条件のみで決めてしまっては後で後悔する場合もあります。

居抜き物件で失敗しないポイントとは?

  • 現状の設備の状態確認
  • 必要がない設備の撤去費用
  • 前店舗の閉店理由
  • 開業後のトラブルに対してのリスクヘッジ

居抜き物件選びで失敗しないためには、店舗設備や契約条件、見えない問題まで注意するように、しっかりと確認することが必要となります。

その他、店舗内装工事に必要な情報とは?

店舗内装工事に必要な情報は、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ