店舗開業で成功する立地を見つける方法とは?

店舗開業の成功のカギは『立地』と言われるほど重要なものです。そのため、「良い立地」を探すためには準備が必要です。準備としてまず、どのようなところが良い「立地」になるか知りましょう。そして、店舗開業で成功する立地を探す方法を説明しています。

店舗にとって良い立地とはどんなものか?

良い立地を探すための前提として、店舗のコンセプトが決まっている必要があります。まず、店舗のコンセプトに合うターゲットが、ファミリー、OL、サラリーマン、観光客など、どんなお客様になるか、ターゲットは明確にしましょう。その、ターゲットとなるお客様が、住んでいるか、働いているか、訪れるかによって、『良い立地』と判断することができます。

近隣エリアにターゲットとなる見込み客が

  1. 住んでいるか
  2. 働いているか
  3. 訪れているのか

がチェックポイントとなります。

立地による特性や潜在顧客とは?

店舗開業する立地を探す際に、立地には大きく分けて4種類あります。それぞれの立地の種類と特性や潜在顧客に知り、希望する立地探しの参考にしてください。

1.駅前の立地

駅前の立地は多くの人が集まるため、潜在顧客が多く存在する。しかし、家賃が高くなるために開業資金が多く必要になります。

ターゲットとして、地元客だけでなく、他の地域から来るお客様がいます。それゆえに幅広い客層に対応できる店舗づくりを検討しましょう。

2.繁華街での立地

多くの店舗が出店しており、昔から営業している店舗との競合が激しい地域です。家賃も駅前と同じく高めのため、客単価を高めに設定する店舗が多いです。

地元客でなく、他の土地からの来客や観光客が多くなります。そのため、一見客の見込みが高くなり、固定客の獲得は難しくなります。

3.オフィス街の立地

サラリーマンやOLさんなどの固定客をつかめる立地です。平日の昼から夜までの営業で集客が見込めます。しかし、夜遅くや土日の休日には来客数がかなり減ってしまう場合もあります。したがって、平日狙いの営業をする店舗開業に向いている立地になります。

4.住宅街の立地

地元客が中心となるために、地域のニーズに合う店舗づくりが重要な立地です。そのため、居酒屋や飲食店は騒音や隣人からのクレームがないような配慮が必要となります。

交通機関から離れた立地の場合、来店までのルートを分かりやすいことと、駐車場の有無が重要となります。

あなたの店舗に合う立地の調査方法とは?

あなたの店舗コンセプトに合う立地を見つけるためには、近隣の調査することが必要です。その調査する内容は、出店したい立地の近隣に住んでいる人や訪れる人の数や性別、人が多く通る時間帯、交通量など、様々な情報が必要となります。

市役所や区役所などにある人口統計を参考にすることもできます。しかし、実際に自分の目で確認することがおすすめします。

立地の調査項目

  • 人口数
  • 世帯数
  • 年齢、年代
  • 性別
  • 家族層
  • 人の流れ
  • 職業(会社員・学生・主婦)
  • 1時間あたりの平均交通量

上記の調査項目は、1日の調査だけでなく、複数回の調査を行いましょう。手間も時間もかかりますが、正確なデータとなります。万が一、ターゲットとコンセプトが合わない立地の店舗開業は、集客で致命的な問題になります。

将来性を見越した立地の選び方とは?

店舗開業する立地を探す際に、現状のデータだけでの判断ではなく、将来性を見越した立地選びを行う場合もあります。そのケースとは以下になります。

  • 都市計画があり、立地が大きく変わる
  • 駅の開通や大きな道路工事
  • 大きな工場やオフィスビルの建築予定がある

将来、住む人や働く人、訪れる人が増えることを見越した立地選びもあります。逆に近隣に大型の商業施設ができたために、来店者が減ってしまうケースもあります。そのため、立地選びの際には、立地の将来性についても気をつけましょう。

店舗開業で成功する立地の見つける大切なポイントとは

店舗開業で成功するための立地の探し方で、重要なポイントは以下になります

  1. あなたの店舗と相性が良い(コンセプトが合う)立地であること
  2. あなたの希望するお客様(潜在顧客)が多い立地であること

良い立地を見つけるためには、その土地を見るだけでなく、ターゲットの居住を調査しなければいけません。店舗開業で成功するために、上記のポイントをしっかりと押さえた立地の探し方をしましょう。

店舗開業のテナント選びについて

店舗開業のテナント選びの参考情報は、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ