人気の居酒屋になるための内装の注意点とは?

人気店となる居酒屋の内装は、流行やトレンドなど、時代のニーズによって変わります。そのため、人気の居酒屋となると、お客様のニーズに答えた内装や設備を整えています。ここでは、人気店になるための居酒屋の内装の注意点について説明します。

居酒屋の種類と内装について

居酒屋といっても種類は様々あります。和風居酒屋や中華居酒屋に、洋風居酒屋や立ち飲み居酒屋などがあります。それらの居酒屋は、料理の特徴や和洋中の雰囲気を出すための内装が必要になります。以下に、それぞれの居酒屋の内装についての注意点を説明します。

和風居酒屋の内装の注意点

和風居酒屋をイメージする内装は、竹や土壁、木材などを使った内装があります。しかし、自然素材を使うと、清掃や手入れに手間がかかるデメリットもあります。

大人数に対応した個室から、少人数にも対応できるように仕切りを設置した半個室になる内装が良いでしょう。また、掘りコタツなど席も好まれます。

冬季メニューとして鍋料理を提供したい場合、テーブルには備え付けのコンロを設置しましょう。また、カセットコンロを使用する場合も考えて、テーブルの素材は、熱に強い素材を使いましょう。

焼き鳥のメニューを提供する場合は、焼き場の内装は、お客様がカウンター席に座った視線に合わせた高さにして、調理を演出しましょう。その際は、お客様と焼き場の間に耐熱ガラスで区切りを作り、熱や煙の安全対策が必要となります。

鮮魚を提供する際にはコールドテーブルを設置し、魚の新鮮さの確認や興味を持ってもらいましょう。鮮魚の取り扱いのため、厨房は清潔感が伝わるように掃除がしやすい設備にします。また、お客様から見られても良い調理スペースと収納がある内装づくりが必要です。

中華居酒屋の内装の注意点

中華居酒屋は調理で火力が必要となるために、中華レンジの火力は高めに設定できる厨房機器を選び配置しましょう。また、蒸し料理や麺料理などそれぞれのメニューに合わせた料理器具を備え付けできる厨房づくりが必須となります。

客席は、様々なお客様に対応できるようにお一人様席、テーブル席、ベンチシート席などを設置しましょう。円卓はテーブルサイズが大きくなってしまうために、一人あたりの客単価を上がってしまうため、客層、メニュー構成、店内の広さによって円卓の配置する内装を検討しましょう。

洋風居酒屋の内装の注意点

洋風居酒屋として、フレンチレストランと比べて、気軽にフランス料理が味わえる点でニーズがあります。また、店舗内は木の素材の家具を多く使い、小さめテーブルにテーブルクロスを敷いたフランス、パリをイメージする内装が多くあります。とくに女性好みのオシャレな内装とカップルで利用しやすいテーブル席のレイアウトもポイントの一つです。

洋風居酒屋の内装で、目を引く大きな黒板を使った、すすめメニューの紹介を行っています。また、ワインボトルの注文に繋がるように、ワインボトルを並べたディスプレイも行っています。そして、お一人様でも来店しやすいように、ロングカウンターの設置も検討しましょう。

居酒屋の内装は将来のメニュー変更にも対応できるものにする

居酒屋のメニューは時代のニーズに大きく影響します。だからこそ、人気店の居酒屋は、流行を感じ取り、目新しいものやニーズの高いメニューを提供しています。そのため、将来のメニュー変更からターゲットの変更まで対応できる内装づくりも検討しましょう。

また、内装のリニューアルが難しい場合、居酒屋開業時の内装の初期投資を抑えて、5~7年サイクルで店内内装をリニューアルする方法もあります。あなたの居酒屋の経営プランにあった内装づくりをして、人気店を目指しましょう。

業種、業態ごとの店舗内装の注意点とは?

その他業種の店舗内装の注意点は、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ