店舗レイアウトをより良くするための図面・パース図の活用とは?

店舗開業を急ぎ、店舗レイアウトを図面やパースで確認せずに依頼したため、店舗の出来上がりが、希望していた内装やレイアウトのイメージと違う店舗になったという失敗があります。失敗した内装の改修費用は自己負担となります。それだけでなく、開店スケジュールの延期にも繋がり、資金繰りに大きく影響してしまいます。

失敗しない店舗レイアウトにするために、パース図や図面で確認する必要をお伝えします。

店舗イメージを伝えて、共有するのが難しい理由とは?

内装業者と店舗レイアウトを内装業者と打合せをする際に、口頭の会話だけでは、お互いの価値観や判断基準が違うために、内装のイメージを共有することは難しいです。

例えば、『女性に好まれるデザイン』と言っても可愛いものか、綺麗なものかで、イメージが変わります。また、『女性が使いやすいレイアウト』と言っても、若い女性か、お母さん向けのレイアウトかなど、ターゲットによっても変わってきます。

また、店舗内装のイメージが共有できなければ、工事後にトラブルになりかねます。トラブルにならないために、店舗レイアウトやデザインを決める際には、決定事項は文書化し、お互いに確認のサインを取りましょう。

店舗レイアウトを確認するための図面、パース図とは?

店舗レイアウトを決める際に、口頭や文書だけでは、相手へ内装イメージが100%伝わるとは限りません。出来るだけ、お互いが同じ内装のイメージを認識、把握するために、図面やパース図を使って確認しましょう。

パース図とは完成図の事で、平面図面では分かりにくい点を立体的に表現し、内装工事前に、完成イメージを見ることができる図のことです。また、店舗レイアウトの確認だけでなく、雰囲気なども分かりやすい図になっています。

希望の店舗レイアウトにするために、図面、パース図の作成を依頼する

店舗内装・レイアウトを図面やパース図がなく、口頭や文書だけのやり取りで作ると、あなたが希望する内装の完成イメージを100%叶えた店舗が出来上がることはほとんどありません。最悪のケースは、店舗コンセプトと大幅に違い、大きくリニューアルしなければならないケースも発生します。

追加工事や修正などの工事を依頼する費用より、図面やパース図で確認した方が、費用は安く済みます。無駄な工事費用をかけないためにも、図面やパース図を見ながら店舗レイアウトの希望やイメージがしっかりと伝えましょう。

図面やパース図は完成イメージへ近づけるために必要なもの

店舗の内装やレイアウトの図面やパース図は、内装のイメージを伝えるだけものではありません。内装工事前に修正や変更箇所を発生させないために確認するためのものでもあります。あくまでも図面やパース図は完成予定図です。より良い店舗内装・レイアウトを作り上げられるように活用しましょう。

その他、店舗内装工事に必要な情報とは?

店舗内装工事に必要な情報は、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ