店舗レイアウトの導線で作業効率が上がる理由とは?

店舗のレイアウトを決める際に、客席を多くとる配置や什器の設置サイズに合わせて、レイアウトを決めてしまいがちです。実は、店舗のレイアウトは、お客様やスタッフの動き方(導線)によって、売上が変わってしまう重要なポイントになります。

ここでは、売上に影響する作業効率を考えた店舗レイアウトの導線について説明します。

お客様やスタッフが動きやすいレイアウトと導線とは?

お客様が入店してから退店するまでの動きはおおよそ決まっています。そのため、客席のレイアウトで、店舗内を移動するお客様の導線もほぼ決まってきます。そこで、お客様の導線と店内を動きまわるスタッフの導線がぶつからず、スタッフがスムーズに動ける大きめの通路がある店舗レイアウトと導線を考えましょう。

回遊率、滞在率など売上を上げるお客様の導線・レイアウトとは?

各業種のお客様の回遊率や滞在率を上げる導線やレイアウトについて、まとめてみました。

飲食店の店舗レイアウト

お客様が来店し、席に着くまでの間に通る導線の中で、食材などを魅せるショーケースを設置します。本日のオススメ食材などを見せて、お客様を席に誘導します。席に着くまでに食べたいという気分を盛り上げる演出をするレイアウトや導線を作っているところもあります。

物販店の店舗レイアウト・導線

物販店は、店舗内の商品を数多く見てもらえるように、大きな棚や什器で商品の展示数を増やしています。また、お客様が店舗内を歩きまわるように、興味を引くディスプレイをところどころに配置しています。それで、お客様の回遊率や滞在率を上げるレイアウトや導線を作っています。

アパレルの店舗レイアウト・導線

アパレルは、店舗奥にレジカウンターを設置することで、お客様の回遊率を上がるレイアウトになっています。また、中央に什器やディスプレイを設置して、お客様が店舗内を巡回するように、店舗の導線やレイアウトを作っています。

実は凄い繁盛店舗のレイアウト・導線とは?

飲食店で実は凄いレイアウトを作っているのが、『餃子の王将』です。それは、王将は厨房から客席まで料理を運びやすい導線のレイアウトを作っているそうです。

急いで移動してもお客様とぶつからないように幅の広い導線を作っています。そのうえ、早く料理を運べる効率的な導線のレイアウトになっています。これは、お客様に早く料理を提供し、早く退店してもらい、お客様の回転率を上げるレイアウトと導線を作っています。

『安さ』を売りにする王将だからこそ、回転率は売上を上げる重要なポイントになります。

導線を考えた店舗レイアウトで売上が決まる!

飲食店で売上アップには、料理の提供スピードを上げることが求められます。そのためには調理スタッフの調理技術の向上が必要です。それだけでなはく、店舗内を動きまわるスタッフが動きやすい導線の店舗レイアウトを作ることも重要になります。

飲食店で売上を上げるための導線のポイントとは?

  • より早くお客様に料理を提供できる導線
  • 食器をすばやく片づけられる導線
  • 追加オーダーを取りやすいスタッフのスタンバイ位置や導線

導線を意識した店舗レイアウトが売上に大きく貢献します。だからこそ、お客様だけでなくスタッフにも効率の良い導線やレイアウトを作りましょう。

その他、店舗レイアウトに必要な情報とは?

店舗レイアウトに必要な情報は、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ