アパレルの内装で売り上げが上がる理由とは?

アパレル店舗は内装のデザインで売上が変わります。そのため、アパレルの内装デザインは非常に重要です。そして、アパレルの内装を決めるためには、インショップか路面店かの出店方法によっても違います。ここでは、インショップと路面店の違いと、内装で売り上げが上がる理由について説明します。

アパレルのインショップの内装デザインについて

インショップといわれるアパレル店舗は、デパート、ショッピングセンター、ファッションビル、駅ビルなど出店することです。すなわち、大きな施設の一角に出店します。そのため、店舗は、施設の通路に面して境がなく、出入口となる扉がありません。また、外装や看板の設置が少ないことが、インショップのアパレル内装デザインの特徴になります。

インショップのアパレル店舗は、その施設自体の集客力に影響されます。施設自体の客層と、出店する場所の通行人の数や層を確認して、店舗の内装を考えましょう。

路面店のアパレルの内装デザインについて

路面店とは通りに面した店舗を言います。インショップとは違い、内装だけでなく、外観やエントランスなどのデザインが必要です。路面店には入口やエントランスに境界があるために、お客様が入店しやすい店舗デザインを検討しましょう。また、道路や外から店内を見るお客様が「気になる・入ってみたい」と思ってもらえるディスプレイや内装デザインを作ることが重要です。

アパレルの内装で売り上げが上がる理由とは?

アパレル業界はネットショップの急増で、商品購入は『ネットで購入』が増えています。そのため、店舗で購入する理由を知り、店舗で購入するメリットを作ることが必要です。

アパレル店舗で購入する理由とは?

  • 試着しなければサイズが合うか分からない
  • 着てみない自分に合うか分からない
  • 素材や肌触りを確かめてから購入したいため
  • 流行やトレンドをチェックして購入するため
  • ショッピングを楽しむため

アパレルの店舗内装で売上を上げるためには

  • スペースが広く、使いやすい試着室
  • 試着室に入りやすい内装
  • 楽しく買い物ができる導線づくり
  • 現在のトレンドやおすすめを知ることができるディスプレイ

これからのアパレルは店舗で購入してもらうため、ネットショップにないサービスの提供が必要と言えます。売り上げが上がるアパレル店舗を作るためには、お客様が試着しやすく、買い物を楽しめる内装デザインにしましょう。

業種、業態ごとの店舗内装の注意点とは?

その他業種の店舗内装の注意点は、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ