店舗を開業する際のテナントの評価ポイントとは?

「店舗を開業する際のテナント探しのポイントとは?」のページでも申し上げましたが気になる物件は自分の足で現場に赴き、見ることが極めて重要です。決して人任せにはせずに物件まわりをして確かめることが大切なのです。

店舗物件は賃貸料や、補償金などの条件も決め手の一つになりますが、それ以外にも、確認するポイントはあります。ここではテナントの確認するべき点について、説明していきます。

建物の条件はどうか?

あなたが路面店での店舗の開業を目指しているなら、まずは店舗物件のテナントは、1階にあることが基本とお考えください。都市部の繁華街などは家賃が高く一階部分のテナントは手が出せないと思って、二階や、地下の物件を選びたくなるかもしれません。しかし集客を考えると、大きく差がでるため、一階のテナント以外を選ぶのは、得策ではないでしょう。

目で見てよくわかる場所か

遠くからでもそのお店があり、何のお店がわかる事を「視認性が良い」と言います。視認性が良いテナントは、成功しやすい良い店舗の条件の一つです。わかりにくい場所にある隠れ家的な店舗などで成功している場合もありますが、集客には、大変な努力を要し、成功が難しいものです。店舗開業初心者には、お勧めできません。

敷地の条件は良いか

建物が立っている土地の位置、道路、また建物の周りの状態や周囲の環境が、自分が開業したい店舗のイメージと合っているかどうか確認します。実際に足を運ぶと、間取りや、写真の確認だけではわからないところが見えてきます。特に、自分の開業したい店舗と周囲の環境が合わないかどうかは、行ってみないとわからないところです。

上記に挙げた点などをご覧いただくと、実際に行ってみることが大切なことがご理解いただけるでしょう。良いテナントを見つけるのは、店舗開業にとっても大切な要素です。できるだけ足を運び、自分の目で確かめて良いテナントを見つけましょう。

店舗開業準備・テナント探しについて

店舗開業の手続きやテナントを選ぶポイントは、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ