店舗の内装費を知るためには、まずは内装業者に見積もりを依頼します。しかし、初めての内装工事では、相場が分からず、1社だけの見積りでは、見積費用が妥当な金額か判断することができません。そこで、店舗内装費用が高いか安いかの相場を判断するために、多くの見積り書を比較する必要があります。複数の見積書を比べることにより、工事内容や費用の相場、内装業者の対応の良し悪しも見えてくるのです。

内装費用の相場が分からないまま、依頼しては大損する可能性があります。店舗内装費で大損しないために、複数社の見積りが必要な3つの大きな理由について説明していきます。

良い店舗内装業者を選ぶための相見積りが必要な3つの理由とは

店舗内装業者選びのために相見積りを行う3つの大きな理由があります。第一に「費用について」、第二に「工事内容について」、第三に「信頼関係」を知るために相見積りが必要になります。

1.店舗内装工事費用を知るための相見積りとは?

内装工事について、自分で勉強することが難しく、開業準備で時間が無い中、一からすべてを学ぶことは困難です。初めて店舗開業する場合、必要な内装工事については、見積書に記載のある内容や項目で知ることができます。内装工事は、立地や店舗の条件により異なります。そのため、実際に内装工事を行う場所や工事内容での見積り内容を確認しなければ、内装費用の総額を知ることができません。

ただし、1社だけでの見積内容では、費用の相場が分からず、提案内容によっても金額がバラバラになります。自分の理想の店舗になる工事内容や内装工事費用の単価を比べて、相場を知るために、複数社の内装業者の見積りが必要になるのです。(複数業者から見積もりをもらうことを相見積もりといいます)

2.店舗内装工事内容を知るための相見積りとは?

店舗を作る際に、内装業者や設計業者ごとで内装工事の提案内容が違います。それは内装業者ごとの強みがあり、ノウハウや工事方法が違うため、提案してくれる内装工事内容も変わってきます。あなたの理想の店舗を作るためには、どんな工事が必要なのか、知るためにも、複数の業者から、提案を受けてください。しかも、良い内装業者は、あなたの希望以上の素晴らしい提案をいただけるかもしれません。良い内装工事を知るためにも、複数社の見積りを比べてみて、良い店舗内装工事内容を選びましょう。

3.信頼関係を作るための相見積りとは?

見積もりを比べて、内装工事の依頼を決定するポイントとして多いのは、「この人(会社)なら任せられる」という点があります。それは、店舗内装工事は開業時だけでなく、開業後の改装や修繕などを依頼する場合があります。長期的な付き合いになるため、信頼できる・頼れる担当者や会社と判断するために、相見積りが必要になります。

複数の見積書で安心と信頼を得ること

初めての内装工事を依頼する際に、『この業者さんにお願いしたい』と決められるのは、安心感があります。一般的に、人は選んだ決めたことに納得し、安心するからです。選べないと安心できず、不安になってしまうので、相見積もりをする方が良いのです。また、内装業者でも相見積もりを依頼すると断る業者や嫌がる業者もいます。なぜなら、自社に自信が無く、面倒だと感じている業者だからです。相見積もりでも自信をもって提案をしてくれたり、一生懸命対応してくれる内装業者は信頼でき、仕事も上手く進みます。

複数の見積りは良い業者と良い工事を知るために必要なもの

複数の内装業者へ見積りを依頼すると、あなたの店舗内装の相場が分かります。また、内装業者の見積り方法や見積りの内容で、良い内装業者か見分けられるようになります。つまり、複数の見積りで、良い業者か判断・決定するための基準を知ることができます。あなたの希望の店舗づくりを行う店舗内装業者を見つけるために、必ず、複数社への見積りを依頼しましょう。

その他、店舗内装工事に必要な情報とは?

店舗内装工事に必要な情報は、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130