店舗内装工事を安くするためのポイントとは?

初期費用を抑え、いかに回転資金にお金を回すかが店舗運営の成功のポイントの一つです。 店舗開業に必要な経費の中でも特に大きな金額を必要とするのは、店舗の内装工事費です。この内装工事費を安く抑える事が重要になってきます。ここでは、内装工事費などの初期費用を抑えるポイントをいくつか紹介していきます

居ぬき物件を活用する

居ぬきとは、営業を行っていた店舗をそのままの内装や機材を併せて使い、低コストで出店する物件の事です。居ぬきの場合、設備の買い取り金額が発生しますが、スケルトン(内装などを全て除いた状態の物件)より初期費用は安く済みます。

居ぬき物件を利用する際には、ココをチェック

居ぬき物件が飲食店の場合、キッチン部分に注意する

飲食店開業を検討している方は、居ぬき物件を見る際に、必ず、キッチン部分が、そのまま使えるかどうかを、よく確認しましょう。キッチンは防水工事に大変費用がかかります。自分の希望するキッチンの位置や大きさでない場合、さらなる工事が発生し、コストダウンが見込めません。かえって費用がかかり、居ぬき物件のメリットを活かす事ができないのです。

居ぬき物件に付属の業務用機器類は使用可能か?

業務用の空調や、ボイラーなどの高額の機器類が問題無く使用できるかどうか、事前に良くチェックをしましょう。耐用年数や老朽化など、資産価値がない設備の場合、買い替える費用が発生し、コストダウンを見込めません。

以前の店舗の情報を確認

同じ業態の店舗の居ぬき物件の場合、以前の店舗のイメージが付いていて、自分の開いた店のコンセプトが打ち出しにくい場合があります。特に美容室などは以前の失敗した店舗のイメージが残っている内装をそのまま使うのは、イメージダウンになり、居ぬきで使うのはあまり良いとは言えません。

居ぬき物件が、初期投資のコストを減らす目的に適っているか?

居ぬき物件を活用する最大のメリットは、初期投資を安く抑えられるという事。スケルトンの物件よりも、半分に費用を抑える事を目標にしてコストダウンを考えましょう。

内装業者は、相見積りを取って検討する

相見積とは、複数の業者に見積書を出してもらう事です。

内装の業者を決定する際にはできれば3社以上の業者に見積りを依頼することをお勧めいたします。内装工事の相見積りを取り、複数の業者の提案する見積書を詳しく見る事で、自分の店舗に必要なものや不要なものがわかってきます。また、多くの提案を比較検討する事で、より良い店舗内装・外装工事を、より納得できる価格で行ってもらえる可能性が高まるのです。

コストを安く抑えたいという場合、内装業者に見積を依頼する際に、最低限の開業に必要な施工内容で行う場合の見積を依頼し、そこに必要なものを追加して行く、という方法もあります。

しかし内装は、集客にとっても大変重要な要素のため費用を抑えようとしすぎるあまり、簡易になりすぎないよう、注意が必要です。また、コストダウンに目が行き過ぎて、必要な部分に費用をかけないことで、使い勝手の悪い動線、メンテナンス性が悪い、などかえって運営コストが高くなる場合があります。これでは本末店頭で意味がありません。内装工事を安く抑えるには、色々な方面に、充分な配慮が必要になります。

店舗開業かかる費用について

店舗開業に必要な費用や税金についての関連情報は下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ