店舗設備の導入はプロに任せる方が良い理由とは?

店舗開業するためには、メニューやサービスにより、厨房や給排気で必要最低限の店舗設備が決まってきます。そのため、店舗の設備設計は営業するために必要な容量を計算しなければいけません。また、営業許可を取得するための条件を満たした店舗設備を設置する必要もあります。

店舗設備の設計、取り扱いは素人では難しく、プロにお任せする理由について説明します。

店舗に必要な一般的な設備とは?

店舗開業に必要な一般的な設備として、電気、ガス、水道、給排気、空調の設備があります。また、業種業態によっては別途、必要な設備があります。それは、飲食店舗では厨房設備、クリニックでは診察や治療用の設備が必要となります。

店舗設備を安全に使用するための設計や計算とは?

店舗設備を設置し安全に使用するためには、様々な専門的な知識や技術が必要です。そのため、設備を設置し、使用するためには、それぞれの専門の設備工事の業者が担当します。そのため、素人では計算できず、設置しても設備が正常に機能しないなどの問題が起きる場合もあります。

店舗設備のチェックポイント

  • 業務用の冷蔵庫、製氷機、エアコンを使用するための電気容量
  • 厨房機器を使用するためのガス容量
  • ガス器具を使うための給排気設備の容量
  • 設置義務のある排水設備(グリーストラップ)
  • 害虫防除設備

飲食店舗の営業許可にかかる設備について

飲食店舗を開業するには、保健所から営業許可を取得することが必須です。そこで、衛生上の問題がないように、厨房や客用トイレの清掃が行いやすい構造や素材であることも必要になります。衛星面の注意点は以下になります。

  • 厨房の床は、タイル、コンクリートなどの耐水性がある素材で、排水が良く、清掃しやすいものであること
  • 内壁は、高さ1m以上まで耐水性のものであること
  • 洗浄設備は食材や食器・器具を洗うための2槽式以上のシンクが設置されていること
  • お湯が出る給湯設備があること

その他、様々な基準が設けられています。基準を満たした店舗でなければ営業許可が下りないので、衛生対策がしっかりされているか確認しましょう。

店舗設備導入でよくある失敗とは?

店舗設備の工事でよくある失敗について説明しています。とくに、引渡前にしっかりと確認し問題点を発見すれば、業者のミスとして修正を依頼することができます。しかし、引き渡し後や営業開始後では、修理が出来なくなる場合もあります。そのため、設備工事で失敗しないように、以下の点をしっかりと確認してください。

  • 配管の接続ミス
  • 給排気の容量不足
  • 電気系統の断線・漏電
  • コンセントの設置位置

店舗設備の導入はプロに任せる方が良い理由とは?

上記にも案内したように店舗設備の導入は知識のない素人が行う工事としては、かなり難しい点が多々あります。しかも、設備導入だけでなく、正常に運転できるか、保健所の許可が下りるかの確認も必要になります。

もし、自分で店舗設備の工事を行う場合、専門知識がある友人・知人に協力してもらいましょう。いない場合は専門業者に任せることが賢明です。

工事後に改修や追加工事が発生してしまった場合、余計な出費になります。無駄なコストがかからないように店舗設備導入についてはプロに任せましょう。

店舗開業のテナント選びについて

店舗開業のテナント選びの参考情報は、下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ