定年後の夢や理想として、退職金を自己資金に店舗開業をお考えの方も最近は増えています。定年後は、退職金や年金収入もあるので、さほど大成功しなくても良いとお考えで、店舗開業をすれば、貯金を大きく減らす結果になりかねません。特に廃業率が高く、6割が赤字と言われる飲食店の開業は、リスクがかなり高くなっています。大きな店舗ではなく、個人店舗で、リスクも小さく、収入も控えめでも、安定したスタイルの店舗経営を目指すことをお勧めします。

ここでは、定年後に店舗開業をお考えの方はどんなことに注意し、経営を考えるのが良いかを説明していきます。

①定年後の店舗開業は、高リスクを避けるために、自分が開業を考えている店舗での勤務を経験してみる

店舗を開業し、経営していくには、思った以上の体力が必要な場合も多いものです。年齢が高くなればなるほど、体がきついため、店舗経営に支障がでる可能性もあるのです。開業してからそれに気づいても、体を壊してからでは遅いのです。定年後に、今までに経験がない業種の店舗経営をしたいとお考えの方は、まずは、自分が希望する業種の店舗に勤務し、自分でも経営できるかどうか、検討することをお勧めします。始める前なら、方向転換も大変ではありません。体力的なところ、知識を十分に積んでみて、自分の店舗開業計画を作りましょう。

②定年後の店舗開業の場合は、借入金はできるだけ少額に

年齢がいけば、返済期間が限られるため、借入はしづらくなります。借入を全くしないで自己資金だけで店舗を開業するのが難しいとしても、退職金を自己資金として大きく借入をして、開業するのはお勧めしません。個人事業はサラリーマンと違い、一定収入を得られる保証はありません。そのため、できるだけ低リスクでの開業を目指しましょう。

③定年後の店舗開業は、小規模で運営できる店舗を

お考えの店舗が大きなお店の場合は、スタッフを雇う必要があり、人件費が嵩み経営を圧迫する可能性が高まります。そのため、できればご夫婦など、家族で運営を賄える、小さな規模の店舗での経営をお考えください。もし、飲食店ならば、席数は多くても30~40席程度の席数であれば、オーナーや、ご夫婦で運営が可能です。定年後に店舗開業を目指すならば、「小さく経営し低リスクで」を基本に据えて考えることが良いでしょう。

あなたの希望する店舗開業の内装デザインのお見積りから、デザインの提案まで、無料で行っております。まずは、プロに相談することから初めてみませんか。お気軽におお問合せ・見積依頼ください。

店舗開業準備について

店舗開業するための関連情報は下記のページに書いてあります。 クリックして、お読みください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130