カフェ開業・カフェ経営で失敗する5つのパターンとは?

現在、カフェや飲食店などの多くの店が開業し、また多くの店が廃業しています。その多くは、「自分の店は上手くいく」など、カフェ開業の想いだけで実行し、経営が続かずに失敗します。また、カフェ開業し、失敗するだけでなく、多額の借金を抱える事だけは避けたいものです。まずは、同じ轍を踏まないために失敗するパターンを知っておくことが必要です。

ここでは、カフェ開業を成功するために、注意すべき5つの失敗パターンについて説明します。

カフェ開業の自己資金が少なく、初期費用の算出を間違えて失敗

カフェを経営には、経理や財務の知識は必要です。融資を受けるためには、どれだけの費用が必要かなど、「初期費用」を算出しなければいけません。経理や財務の知識がなく、資金に対しての考えが甘い場合、開業資金を集められないだけでなく、開業計画が立てられず、融資が下りない場合もあります。

また、自己資金が足りず、開業できないという話は、カフェ開業を希望される方によくある失敗例です。初期費用となる自己資金の準備だけでなく、資金調達するための初期費用の算出について、しっかりと学びましょう。

開業後の運転資金がなく、廃業してしまう失敗例とは

カフェ開業するための内装工事や備品購入などの費用だけを考え、開業後に運転資金不足のため、食材購入が出来ない、家賃が払えないなどの理由で廃業する失敗例もあります。カフェ経営は、開業資金、運転資金のどちらの資金も必要です。

開業して当初の売上が上がっても、支払いや返済で、運転資金がなくなり、廃業する場合があります。開業後の半年間ほどの運転資金を準備しておくことが大切です。

カフェの居ぬき物件の調査が甘く失敗

居ぬき物件でカフェ開業した場合、以前のカフェが廃業した理由などの調査が甘い場合の失敗例があります。実際に開業してみたら、近隣とのトラブルが多い、ターゲットがほとんどいない、物件自体に欠陥があったなどの問題により、廃業となる失敗があります。物件契約前に、同じ業種の店舗が廃業した理由をしっかりと調査しましょう。廃業の理由が、自分が開業したいカフェを作る場合のデメリットとならないかどうか検討してから物件契約を行いましょう。

開業の見切り発車や見積もりが甘く失敗

カフェを開業したいという方は、勢いで独立開業をしてしまう場合があります。実際に開業するための必要な知識を身につける時間が必要です。カフェ開業だけでなく、継続するための経営の知識を学ばず、勢いだけで開業してはいけません。

カフェ開業するための経営の知識の習得だけでなく、資金の準備やコンセプトなどをじっくり考える時間は必要です。開業することだけを考えていては、失敗のもととなります。

カフェ開業は見切り発車せず、開業資金の見積りもしっかりと比較、検討してから実行しましょう。

気力、体力が続かず失敗

カフェ経営のスケジュールはかなりハードです。早朝から、夜遅くまで作業が続きます。調理で重い鍋をふるい、配膳するといった立ち作業が長くなります。接客などでもホームに立ちっぱなしの時間が長くなります。実際には肉体労働となるため、健康で体力、気力がなければ続けることが難しいものです。

体調を崩した、体力が続かないなどで、カフェ経営が続かない失敗パターンもあります。

カフェの開業で失敗しないために準備する時間が必要

多くのカフェが存在する中で、どんなお店がお客様に求められて、喜ばれるか、コンセプトを作りこむことがとても重要です。そのためには、競合するカフェの研究や情報を集める時間や手間も必要となります。

また、カフェ経営を継続させるための経理、財務の知識は絶対に必要になりますので、そのスキル習得にも時間を取りましょう。

安易な考えのカフェ開業では、アイデア不足、スキル不足、資金不足などで失敗してしまいます。カフェ経営を成功させるためにも、必要な知識と資金準備をしっかりと行いましょう。

カフェ開業 関連記事

カフェ内装工事費用に関連のあるページです。クリックして、お読み下さい。

カフェ内装見積.comでは、カフェの内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案や見積もりを受けることができます。 もちろん「店舗併用住宅」の案件についても対応致します。

カフェを開業するにあたって、内装工事にかかる費用は大きな割合を占めますよね。 慎重に複数の業者からの提案を比較検討したいところです。 このサイトを活用して、理想のカフェに適した内装業者を選んでください。

デザイン面はもちろん、資金面においても、オーナー様の満足のいく状態でカフェが開業できることを、心より応援しております。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ