店舗併用住宅カフェのメリット・デメリットとは?

カフェと住宅を同建物内でまかなう「店舗併用住宅」。 メリットとデメリットや、店舗併用住宅においての資金融資についてのお話です。

メリットとデメリット

メリット

  • 職場であるカフェと住宅が近いので、通勤時間や通勤にかかる費用がゼロになる
  • 近所の人との付き合いが深くなり、顧客獲得に繋がる
  • 単純に、店舗と住宅それぞれを立てるよりも、建設費やランディングコストが安く抑えられる

デメリット

  • カフェと住宅、それぞれの立地条件を満たす物件や場所が少ない
  • もしくは、どちらか片方の立地条件が不利になる
  • なんらかの事情でカフェが閉店となった際、次の店舗利用が難しい
  • 職場と住宅が近いがゆえに、オンオフのメリハリがなく、リラックスできない

「カフェの事業の70%は立地で決まる」と言われています。 店舗併用住宅は、カフェを開業する立地を選ぶにあたっての大きな制約となります。

そもそも、カフェの運営がうまくいかないと、店舗併用住宅のメリットの意味がなくなります。 安易に「安くなるから」「家と職場が近いから楽」などのメリットだけで店舗併用住宅を選択するのは、危険な行為と言えるでしょう。

住宅ローンや融資について

「店舗併用住宅」の住宅ローン

店舗併用住宅では、店舗であるカフェの占める面積が半分以下であれば、土地区取得費用や建設費用を住宅ローンで組むことができます。 ただし、気をつけなければならないことは、融資の対象は自宅部分のみに限られるということです。 また、住宅減税も同様に自宅部分への融資に限られるので、計算時は注意してくださいね。

カフェ事業のための融資

店舗部分の建設費と、内装、什器、運手金資金などは、事業用の融資を受けることが可能です。 カフェ開業のための融資については、「カフェ開業のための融資について(日本政策金融公庫)」で詳しくまとめました。 ぜひご参照ください。

なお、住宅ローンや融資については、必ず専門家のアドバイスを受けてください。

開業資金

賃貸料が必要ないこと以外は、開業資金については通常のテナントを借りるケースと違いはありません。 通常にカフェを開業する場合と同じように考えてください。 以下の記事に詳しく書いてありますので、ご参考までにどうぞ。

こちらは、人気記事です。ご参照ください。

こちらは、お客様からの評価が高い記事です。ご参照ください。

カフェ内装見積.comでは、カフェの内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案や見積もりを受けることができます。 もちろん「店舗併用住宅」の案件についても対応致します。

カフェを開業するにあたって、内装工事にかかる費用は大きな割合を占めますよね。 慎重に複数の業者からの提案を比較検討したいところです。 このサイトを活用して、理想のカフェに適した内装業者を選んでください。

デザイン面はもちろん、資金面においても、オーナー様の満足のいく状態でカフェが開業できることを、心より応援しております。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ