カフェ居抜き物件のメリット・デメリットとは?

居抜き物件のメリット

居抜き物件というのは、前にカフェなり飲食店なりをやっていたお店をそのまま使えますよ、という物件のことです。

居抜き物件のメリットは、何と言っても、空調やボイラーなどの店舗設備を引き継いで使用できるところです。 まったくのゼロの状態からカフェをオープンするのと比較して、内装にかかる費用を抑えられるということですね。

費用だけでなく、オープンまでの期間も抑えることができます。 極端な話、前の店舗の形態によっては、水道や電気、ガスの開栓をするだけで営業ができるので、カフェのオープンまでの時間を短縮できるのです。

また、もしかすると、以前のカフェや飲食店に通われていたお客様の来店も見込めるかもしれません。 ただし、お客様は「物件」ではなく「人」「味」「雰囲気」についている場合が多いので、期待しすぎては禁物です。

居抜き物件のデメリット

それでは、居抜き物件はメリットばかりかといえば、決してそうではありません。 居抜き物件を借りる際に、必ず考えなければならないのは、「どうして店を手放すことになったのか」「その理由が何であるのか」ということです。

前オーナーが物件を手放した理由が、「家庭の事情により営業を続けられなくなった」などの個人的なものであれば、特に問題はありません。 しかし、そもそもの立地がカフェや飲食店に相応しくなかった、以前の店舗自体の評判が悪いなど、新たにカフェを開業するには不利なケースもあるので、注意が必要です。

同じ過ちを繰り返さないためにも、手放すことになった経緯は十分に確認しましょう。

不動産業者へ聞くことはもちろんですが、業者側は売りたい思いがありますので、正しい情報が得られにくい場合もあります。 できることなら、居抜き物件の近所にある店などで「そういえば、あそこの店ってなくなっちゃったんですね」などと、話を振ってみるのが良さそうです。 雑談の中から、意外な情報が拾えるかもしれませんよ。

居抜き物件のチェックポイント

さて、以上を踏まえて、カフェを開業するために居抜き物件を借りる場合は、次のことについての確認を行いましょう。

  • 内装、設備が、カフェとして本当にそのまま使用できる状態なのか?
  • 設備の使い勝手や動線は、本当にいいのか?
  • 以前の店舗の評判はどうなのか?

特に設備については、リースを使った物件の場合もありますので、支払い状況や名義変更についての確認が欠かせません。 居抜き物件とはいえ、造作譲渡は別費用というところもありますので、注意が必要です。 後でトラブルにならないためにも、契約書は必ず読み合わせの上で交わしましょう。

造作譲渡とは

前述の造作譲渡とは、店舗の内装設備をそのまま次の物件オーナーへ引き継ぐことです。 本来であれば、造作譲渡には、空調、椅子、その他、各種機材は含まれません。 しかし、中には、お皿やグラス、お酒のボトルまでもがそのまま置いてある物件もあります。 また、造作譲渡費用といって、物件費用とは別に費用がかかるケースもありますので、併せての確認が必要です。

いかがでしたか?

他にも、居抜き物件を最短で理想的なカフェにすることができる、プロの裏技がたくさんあります。まずは、無料で内装業者に相談することから始めてみませんか?

良心的で適正な見積もりや提案を、複数の内装業者から受けることができますよ。

ご相談は匿名でできるので安心です。条件が合わなければ、業者への断りは、私どもがオーナー様の代わりに行いますので、面倒な手続きや、しつこい営業もありません。

まずは、カフェオーナー様の開業を応援する「カフェ内装見積.com」へ、お気軽に資料請求をどうぞ。(こちらをクリック!)

内装工事の予算を考えるのに必要な情報

カフェの内装工事予算を考えるために、必要な情報を提供しています。クリックして、お読み下さい。

こちらは、お客様からの評価が高い記事です。クリックして、お読み下さい。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ