カフェの開業で重要な3つのこと。立地、市場調査、コンセプト。

カフェのコンセプトを明確にする

カフェの開業において、コンセプトの決定は今後の命運を左右します。 カフェのコンセプトで大切なことは、カフェを開業する商圏のお客様からいかに支持されるかということです。 支持が得られるカフェのコンセプトの考え方について、立地・市場調査・コンセプトの3軸に分けてご説明しましょう。

立地

立地とは、店舗がどこにあるのかを指します。

「立地が良い」という表現をよく聞きますが、カフェの開業において良い立地というのは、多くのお客様候補がいる立地です。 お客様になるかもしれない人が多ければ多いほど、カフェの経営がうまくいく可能性が高くなるのは自然なことですよね。

ですので、カフェに限らず、店舗型のビジネスでは、成功要因の70%を立地が占めると言われています。 最近ではインターネットでの告知や集客もできるので、多少の立地の悪さなら挽回できるかもしれません。 インターネットからの集客を望むのであれば、コンセプト決定が重要になります。 閲覧者の目を引くような何かがなければ、インターネットを通して興味を持ってもらうことは難しいでしょう。

立地については「 カフェ開業のための立地選定とは?」にまとめています。 ご参考になれば幸いです。

市場調査

立地が決まったら、次は市場調査です。 市場調査とは、商圏調査と競合店調査の2つの要素からなりたつ、重要な調査です。

まず、カフェの開業予定立地で、お客様になりうる人の数や、その特徴を調査します。 次に、お客様になりうる人の数や特徴と、競合店の調査内容から、自分のカフェにどのようなお客様を呼び込めるかを絞り込んでいきます。

市場調査については「カフェ開業のための市場調査とは?」にまとめていますので、どうぞご覧ください。

コンセプト

コンセプトとは、どのようなカフェにしていくかということです。

たとえば、郊外のカフェで若い女性を呼び込みたいと考えた際に、「カジュアルで都会的だけれど、どこか柔らかさを併せ持った感じ」にしたいとします。 これがコンセプトです。 あるいは、具体的な利用者像をイメージし、その像が好むであろう雰囲気を作っていっても良いでしょう。 抽象的ですが、このコンセプトをもとに、具体的な店舗の内装や外装、店名、ロゴ、カフェメニューなどに活かします。

コンセプトについては「カフェ開業のためのコンセプトとは?」に詳しくまとめました。 どうぞご覧ください。

いかがでしたでしょうか。 以上の3つの要素を押さえ、支持されるカフェを開業してください。

「カフェ内装見積.com」では、カフェの内装に強い内装業者を集めています。 コンセプトを踏まえたデザイン案や、コンセプトを考慮した見積もりをご提案します。

まずはお気軽に資料請求をどうぞ。 それから、じっくりとカフェのコンセプトを考えていきましょう。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ