業者に騙されない!見積書のチェックポイントとは?

カフェ内装業者による詳細なヒアリングと、物件の現地調査の後に、正式な見積書が作成されます。 見積書は総額だけでなく、最低でも下記のチェックをすることを心がけましょう。

※現場を調査する前の概算見積の場合には、あまり明確には内訳が出ない場合もあります。

「一式」という表現

見積は、きちんとした価格の理由があって作成されるものです。 「一式」という表現があった場合は、その内容を細かに説明してもらいましょう。

デザイン案と見積書のチェック

見積書は、図面やデザイン案を元に、すべての必要コストを計算して算出されます。 カフェ物件の図面やデザイン案のどの箇所が、見積書のどの項目にあたるのか、しっかりと確認しましょう。

見積書に対する説明

上記2点に注意してしっかりとした説明を受けることで、お互いの考えのズレや後悔などを未然に防ぐことが出来ます。 受け取った見積書について、必ず説明を求めるようにしましょう。

内装業界は、価格や相場が曖昧ではっきりしない業界です。 真面目な内装業者が大半ですが、なかには曖昧さを利用してお金を騙し取ろうという考えを持つ、悪しき内装業者がいるのも事実です。 そのような内装業者にあなたの理想のカフェを壊されてはなりません。 騙されないためにも、思ったことや疑問点はきちんと業者へ伝えることが不可欠です。

まずは、無料・匿名で、内装業者に相談することから始めてみませんか? そして、良心的で適正な見積を出す内装業者からの提案を受けてみませんか?

詳しくは、資料請求をして下さい。 資料をお読みになり、スタッフや関係者などと、カフェの内装コンセプト等についてじっくりと話し合って下さい。

「カフェ内装見積.com」が、あなたのカフェの内装工事のサポートが出来れば幸いです。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ