3種類のカフェ開業資金の調達方法とは?

カフェの開業に足りない資金の調達方法は、実は「出資を受ける」「借り入れる」「もらう」の3つしかありません。 今回は、その3つの仕組みについてお話ししていきます。

出資を受ける

カフェ開業資金の出資を受けるためには、会社などの法人の一部、または全部の所有者になってもらう手続きが必要となります。 そのため、個人経営の小さなカフェには適さない場合が多いようです。

しかし、もしあなたが出資を受けることについて前向きに考えている場合は、知り合いを辿って、経営者や投資家へ話を聞いてもらうように働きかけてみましょう。

また、その際は、企画書などの資料を必ず用意して下さい。 融資の可能性は決して高いとは言えませんが、もしかすると、経営者の視点からの貴重なアドバイスを聞くことができるかもしれません。

また、企業のみならず、自治体によっては出資制度を設けているところもあります。 問い合わせの上、制度を確認してみましょう。

借り入れる

カフェ開業資金の借り入れ先として真っ先に思い浮かぶのが銀行です。 しかし、実績のない新規事業開業者が都市銀行からの融資を受けることは、非常に困難です。

個人商店などの新規開業者にとって、借り入れにおいての身近な資金調達方法は「日本政策金融公庫」だと言えるでしょう。 日本政策金融公庫は、地域や業種にこだわらず、幅広い融資を行っています。 詳しくは「カフェ開業のための融資について(日本政策金融公庫)」をご参考ください。

また、多くの自治体が融資制度を設けていますので、先述の出資に加え、融資についても確認するとよいでしょう。

もらう

資金調達方法の最も理想的な手段として「もらう」という選択肢があります。

これについては、国や自治体の補助金が最も現実的でしょう。 あるいは、家族や親類に頼れる人がいるかもしれません。

しかし、万が一、カフェの開業がうまくいかなかった場合、後々のトラブルに発展する可能性が高いことは否めません。 「借り入れ」と「出資」をうまく利用して、開業までこぎつけたいところです。

参考までに、カフェ開業の自己資金の割合として、最も多い比率が30%、金額に直すと150~300万程度だと言われています。

関連記事

人気の関連記事です。クリックして、お読み下さい。

こちらは、お客様からの評価が高い記事です。クリックして、お読み下さい。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ