カフェ開業で活用できる助成金や補助金とは?

カフェを開業には、思った以上に様々な費用がかかります。そのため、資金の負担を軽減する補助金や助成金を活用することを検討しましょう。助成金と補助金は融資と違い、国や地方公共団体などから支給されるため、返済が不要です。また、返済義務がなく、資金となるため、カフェ開業時には是非、活用しましょう。

ここでは、カフェ開業の際に利用できる助成金や補助金について説明していきます。

カフェ開業のための助成金と補助金は後払い

助成金も補助金も申請し、審査され、採択されなければなりません。また、採択後にすぐに入金されず、利用した費用の一部を後払いで受給します。そのため、自己資金で購入したものの何割かを助成金として受け取ります。例えば、300万円の設備投資を行った場合、助成金や補助金で100万円を後から受け取ります。

助成金や補助金は、開業資金としては使えないため、まずは自己資金などで開業することが必要です。

助成金と補助金の相違点とは?

カフェ経営の助成金は、一定の要件を満たしていれば、申請後の受給確率はかなりものといえます。しかし、補助金の場合、申請しても必ずしも受給できるとは限りません。

助成金と補助金は申請期間に違いがあります。助成金は随時、あるいは申請期間が長めの募集に対して、補助金は短い募集期間のものが多くあります。

また、補助金は事業に使ったことを証明する書類を整備する必要が、助成金には書類の提出はあります。

カフェ開業に使える助成金と補助金は?

カフェ開業にあたり、実際に使える助成金と補助金にどのようなものがあるか説明します。

キャリアアップ助成金の正規雇用等転換コース

35歳未満の若年者を正社員雇用した場合、1人あたりの支給額が5万円又は10万円の助成を受けることができます。カフェを開業のスタッフを採用する場合に使える助成金です。最初は、最低6か月間、契約社員として採用したのちに正社員として採用した場合に給付されます。

創業促進補助金

創業促進補助金とは、新規開業した場合に、使用可能な補助金です。補助率は2/3で、支給額は100万円~200万円となります。補助金の公募内容は、変更される可能性がありますので、申請の期間や募集の内容をよく調べて申請しましょう。

カフェ開業に使える、助成金と補助金の情報サイトとは?

中小企業庁

これから開業する人向けの対策やサポートを行っています。補助金、助成金、融資の募集やサポートについての情報が多数掲載されています。

厚生労働省 事業主の方のための雇用関係助成金

厚生労働省で雇用関係の助成金(主に厚生労働省)を給付しています。カフェ開業時から従業員で正社員を採用することを検討している方におすすめです。

ミラサポ

専門家派遣サービスや電子申請に対応した補助金や助成金の申請サービスや会員向けに用意されたお役立ちツールを利用できます。

その他にもカフェ開業で活用できる助成金や補助金とはたくさんあります。カフェ開業では、多くの費用がかかるために、少しでも手助けしてくれる助成金や補助金は上手く活用していきましょう。

また、助成金や補助金の申請が面倒だと諦めずに、不明な点は専門家や商工会窓口で相談し、あなたのカフェ経営が上手くいくように、助成金や補助金を利用しましょう。

カフェ開業 関連記事

カフェ内装見積.comでは、カフェの内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案や見積もりを受けることができます。 もちろん「店舗併用住宅」の案件についても対応致します。

カフェを開業するにあたって、内装工事にかかる費用は大きな割合を占めますよね。 慎重に複数の業者からの提案を比較検討したいところです。 このサイトを活用して、理想のカフェに適した内装業者を選んでください。

デザイン面はもちろん、資金面においても、オーナー様の満足のいく状態でカフェが開業できることを、心より応援しております。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ