カフェ開業の融資申請のタイミングで注意すべきこととは?

カフェを開業するために、自己資金だけでは足りない場合、資金調達は融資を利用します。融資を受けたら、元金に加えて、利子も返済するために、できるだけ低金利の金融機関へ融資申請しましょう。また、融資は100%受けられるものではありません。融資申請内容やタイミングを間違えると、融資が下りず、良い物件があっても開業ができないことがあるので注意が必要です。

ここでは、初めての融資申請を行う方のために、融資申請のタイミングについて、注意すべき点を説明していきます。

融資申請してから融資されるまでの時間とは?

融資を受けられるのは、日本政策金融公庫や自治体の融資制度、市民バンクなど、国や自治体あるいは、金融機関などがあります。どの融資先でも融資申請後に融資が下りるまでに早くても1カ月~2か月以上かかる場合もあります。

融資を受ける際の注意として、カフェ開業の手順と併せて申請し、カフェ内装工事や備品購入の支払いのタイミングなども確認しましょう。融資が下りる前に、カフェ開業準備の内装工事契約や設備購入を行ってしまう場合があります。万が一、融資が下りなかった場合はトラブルになる可能性もあるため、注意して行いましょう。

融資申請は不動産契約後に申請すること

カフェ開業のために融資申請するタイミングは、カフェ開業する物件契約書の提出が必要となります。(融資申請する地域によって異なる場合があります)そのため、物件契約後にすぐ融資申請を行うようにしましょう。

万が一、融資が下りなかった場合、カフェ開業できない可能性があります。初めから、カフェ開業に融資を受けてからの開業と、物件契約する不動産会社やオーナーさんへ伝えておきます。そして、物件契約条件として、融資が下りかった場合の物件契約解除の項目も追加することを注意して行いましょう。

融資を受けるためにどうしたら良いのか?

融資を受けるためには、物件の取得費用や内装工事費用、設備購入費など、開業にかかる総費用を算出する必要があります。また、カフェ経営の事業内容や資金繰りの収益計算などの「創業計画」を立てる必要があります。

融資申請するためには、上記の計画書の作成が不可欠であるために、カフェ開業したいと思った時から、常に準備し、注意しておきましょう。

融資に必要な書式などは、各金融機関にあります。融資を受ける予定の金融機関より、先にもらっておき、計画に必要な内容を把握しておくことをおすすめします。

カフェ開業までの事業計画を立てる必要性とは?

カフェ開業のための融資申請のタイミングとは?

カフェ開業に自己資金だけで足りない場合、融資などの資金調達は不可欠です。カフェ開業を検討したら、物件探しと同じ時期に、融資の情報を収集しておきましょう。

カフェ開業には、美味しい料理の調理だけでなく、資金調達や事業計画を立てる経営の勉強も必要です。特に資金調達に関して、カフェ経営者になるために、避けて通れない道です。

融資申請の書類作成や事業計画を作成が困難な場合、会計士や商工会などの専門家に相談しましょう。融資申請だけではなく、カフェ開業後の経営、経理についても、定額で相談に乗ってくれます。

融資申請が下りない場合、カフェ開業ができないだけでなく、借金を抱えてしまうなど、問題にならないために、融資申請のタイミングをしっかりと図りましょう。

カフェ開業 関連記事

カフェ内装見積.comでは、カフェの内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案や見積もりを受けることができます。 もちろん「店舗併用住宅」の案件についても対応致します。

カフェを開業するにあたって、内装工事にかかる費用は大きな割合を占めますよね。 慎重に複数の業者からの提案を比較検討したいところです。 このサイトを活用して、理想のカフェに適した内装業者を選んでください。

デザイン面はもちろん、資金面においても、オーナー様の満足のいく状態でカフェが開業できることを、心より応援しております。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ