繁盛店になりやすいカフェの店名、ロゴマークとは?

カフェを開業で、自分のお店の名前を決めることはとてもワクワクします。しかし、店名の付け方によっては、繁盛しないお店になってしまう場合もあります。自分のカフェで思い入れだけで店名をつけて、失敗してしまっては意味がありません。実は店名の付け方で繁盛店になる法則があります。また、ロゴマークにも同じく繁盛店になるための法則があります。

ここでは、繁盛しやすい店名の付け方やロゴマークの作り方について説明します。

繁盛できない覚えにくい店名の特徴とは?

繁盛できないお店は、店名が覚えにくいものです。覚えてもらえられない店名では、来店してもらう機会は少なくなります。また、自分だけの解釈や価値観で付けた店名もお客様にとっては、分かり難く、覚えにくい場合もあります。覚えにくい店名には以下のポイントがありますのでチェックして、覚えにくい店名にならないようにしましょう。

  • アルファベット3文字の店名・・・簡単だが、数多くあるため、差別化しにくい
  • 英語やフランス語などの店名・・・おしゃれであるが、覚えにくい難点がある
  • 長すぎる店名・・・お客様には覚えてもらいにくい

カフェの店名は第一に覚えてもらいやすい事

繁盛店になるためには、覚えてもらいやすい店名を付けることが重要です。お客様から見て、特徴やコンセプトが分かりやすい店名は比較的覚えてもらいやすいです。また、インパクトやオリジナリティーのある店名も覚えてもらいやすいです。

また、店名の由来をお客様に紹介すると、より覚えてもらいやすくなります。カフェオープン時のチラシやホームページ、ブログなどでも店名の由来を紹介しましょう。あなたの主観だけで、「カッコいい」、「可愛い」と思う店名の付け方は避けましょう。

ネット集客を意識した店名の付け方とは?

現在、ネットの広告力は繁盛店への大きな力になっています。そのため、ネットで検索されやすい店名にすることも一つの要素になります。例えば、「エリア+カフェ」など店名は、お客様が検索するキーワードを含んでいるため、ネットで検索されやすくなります。また、検索で入力しやすいため、覚えてもらいやすいことも重要なポイントです。

カフェの顔となるロゴデザインを考えよう

ロゴデザインも店名と同じく、カフェの特徴やコンセプトを伝えるために、重要なものです。ロゴのデザインも店舗のイメージに大きく貢献するために、プロのデザイナーに依頼して、作成してもらいましょう。ロゴの作成依頼をする時は、自分の考えやお店の特徴、コンセプトを細かく伝え、理解してもらってから、デザインを作成してもらうことをオススメします。

もし、ロゴ作成の予算を抑えたい方は自作しても良いでしょう。しかし、安っぽいデザインや周りに共感を得られないデザインは避けましょう。出来るだけ、周りの意見も取り入れつつ、あなたのカフェの特徴やコンセプトを伝えられるロゴを作りましょう。

繁盛店になりやすいカフェの店名、ロゴマークの作り方とは?

カフェの店名もロゴマークも自分のためだけでなく、お客様のために分かりやすいものにすることが繁盛店になるために重要なことです。特に、カフェの店名やロゴマークを作った時の思い入れやストーリーなども一緒に紹介することで、お客様に共感を与え、集客に繋がる要素になります。

あなたのカフェの良さが伝わり、集客にも貢献する店名やロゴマークができるようにじっくりと考えましょう。

カフェ開業 関連記事

カフェ内装見積.comでは、カフェの内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案や見積もりを受けることができます。 もちろん「店舗併用住宅」の案件についても対応致します。

カフェを開業するにあたって、内装工事にかかる費用は大きな割合を占めますよね。 慎重に複数の業者からの提案を比較検討したいところです。 このサイトを活用して、理想のカフェに適した内装業者を選んでください。

デザイン面はもちろん、資金面においても、オーナー様の満足のいく状態でカフェが開業できることを、心より応援しております。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ