カフェ開業のための良い人材の集め方や選び方とは?

カフェを開業での人材確保は、経営の大きな問題です。現在は、飲食店などの従業員、アルバイトの採用が特に難しいと言われています。また、カフェ開業する際の人材がオープニングの成功を担っています。

ここでは、カフェ開業だけでなく、カフェを長続きさせるための良い人材の集め方や選び方について説明します。

カフェの人材の集め方とは?

カフェ開業に必要な人材を集めるためには、どのような募集方法があるでしょうか。一般的な募集方法をピックアップしました。

  • 知人に紹介してもらう。
  • ハローワークで求人を出す。
  • 求人誌、求人サイトへ掲載する。
  • 店舗求人告知を出す。
  • 調理師学校に求人広告を出す。

カフェ開業時の人材募集にかかる予算の確保も検討しておきましょう。無料広告より有料広告の方が良い人材が集まる可能性が高いです。また、新規開業の際は、人材が定着するためには、あなた自身の経営力も必要になります。人材が入れ替わることも覚悟の上、募集を行いましょう。

良い人材を採用するためには、良い条件を出すこと。

当たり前ですが、良い人材を採用するためには、良い雇用条件が必要となります。最低賃金での雇用で、最良の人材を雇用が出来ることは皆無だと思ってください。そのためにも、賃金面だけでなく、福利厚生や諸手当なども競合と比べて良いものを考えましょう。

長く働いてもらうためにも、キャリアアップなどの求職者とともに、長く働ける仕組み作りや職場づくりを考えましょう。

良い人材を見つけるためには有料広告と大人数からの選定をすること。

良い人材を見つけるためには、良い雇用条件が必須です。そのうえで、より多くの求職者へ案内が届くように、広く告知することが大切です。予算を抑えるために、無料の人材募集広告や店頭告知は、意識の低い求職者が集まりやすくなります。また、告知範囲が狭く、希望者が全く集まらないという場合もあります。

有料広告などで広く募集をかけ、多くの希望者の中から、その人柄を見極めて採用することが、良い人材を採用しやすくなります。また、採用された方も多くの人材から選ばれたということで、モチベーションが上がり、意識が高く、良い人材になってくれます。

調理師、料理人の人材確保について

スタッフよりも調理師や料理人の人材確保はさらに難しいと言われます。その理由として、腕が良い調理師、料理人ほど「プライドが高く、我が強い」場合があります。そのため、オーナーの言うことを聞かず、好きな料理を好きなように提供してしまいます。

その場合、お店のコンセプトではなく、調理師、料理人の味となってしまい、その調理師、料理人が辞めてしまった場合に、味が多く変わり、客離れを起こしてしまう可能性があります。また、好きな料理を好きなように提供した場合、調理コストがかなり高くなります。

調理師や料理人の人材は、何度もお店を変えている求職者は避けた方が良いです。調理や料理の腕だけでなく、経営面も含めて考えられる人材を採用しましょう。

カフェ開業のための良い人材の集め方や選び方とは?

カフェ開業で人材確保はとても大切ですが、良い人材がいないからといって、妥協した人材採用では、後々、トラブルを起こす、突然の離職など、後悔する場合もあります。良い人材が見つからない場合は、採用を見送るという決断も必要になります。

カフェ開業する前から、どのような雇用条件なら、応募してくれるのか、人気のカフェなどの雇用条件などをチェックしましょう。そして、自分のカフェで良い条件を作ることも考えましょう。

その後、人材募集については、知り合いカフェ、飲食店の良い人材からの紹介依頼や求人広告での面接実施を行っておきましょう。

あなたのカフェ開業に必要な良い人材を採用するためにも、早めの準備を行っておきましょう。

カフェ開業 関連記事

カフェ内装見積.comでは、カフェの内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案や見積もりを受けることができます。 もちろん「店舗併用住宅」の案件についても対応致します。

カフェを開業するにあたって、内装工事にかかる費用は大きな割合を占めますよね。 慎重に複数の業者からの提案を比較検討したいところです。 このサイトを活用して、理想のカフェに適した内装業者を選んでください。

デザイン面はもちろん、資金面においても、オーナー様の満足のいく状態でカフェが開業できることを、心より応援しております。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ