カフェ営業で大切な1日のスケジュールの作り方とは?

カフェの営業には、効率良く作業を行うための1日のスケジュール作成が大切です。営業時間のスケジュールだけでなく、開店するまでに必ず行う作業や閉店後に行う作業のスケジュールも必要です。そのため、カフェ経営者のスケジュールはかなりハードになります。もし、個人経営でのカフェを営業するなら、一人で全てをこなすため、スケジュールの管理はとても重要になります。

また、スタッフが複数人いるカフェでは、シフト管理が人件費に大きく影響します。効率の良いスタッフの配置のスケジュールを考えましょう。

ここでは、カフェ営業で大切な効率の良いスケジュールを作るための説明をします。

カフェを営業するための1日のスケジュールとは?

カフェの経営者の多くが開店時間の2時間前から作業を開始するスケジュールをとっています。その出勤から開店までの間に、仕入れ、ランチの仕込み、両替、掃除などを行っています。食事がメインのカフェなど、ランチタイム終了後に、2、3時間の休業時間を作り、自身の休憩や夜の仕込みをするスケジュールとなっています。

カフェのスタイルにより、ランチタイム、ティータイムのみの営業で18時頃に閉店します。その後、事務作業を行うスケジュールを立てています。また、ディナータイムまで行うカフェの場合、閉店してから、片づけを行い、帰宅するのが深夜になる場合もあります。

かなりハードなスケジュールになるため、勤務時間の中で、経営者やスタッフに負担の無い作業方法やスケジュールを考えましょう。

カフェ営業のスケジュール参考例

時刻 作業
9:00 出勤、店内清掃、買い出し、焙煎作業、ランチの仕込み、ランチの告知
11:00 カフェ開店 スタッフ追加
12:00 ピークタイム
15:00 ランチ終了 休憩時間 食材の注文、ディナーの仕込み
18:00 ディナータイムスタート
19:00 ピークタイム
23:00 閉店 清掃、片付け、売上金整理、ブログ、HP更新
24:00 帰宅

1日のスケジュールの中でアイドルタイムを上手く使って、器具、備品の清掃や翌月のキャンペーンを考え、食材チェックなどを行いましょう。スタッフにも作業を分担し、営業時間内で作業を完了させることで、閉店後や帰宅後の作業を減らすことができます。

カフェの1カ月スケジュールを考える

カフェ営業は毎日のスケジュールだけでなく、スタッフのシフトを決めたり、給与計算や翌月のメニューを考えたりと、1カ月ごとのスケジュールを作ることも大切です。忙しいスケジュールの中でも、作業の決定日を設けて、作業漏れがないようにスケジュールを決めていきましょう。

お金の支払い日なども1カ月のスケジュールに組み込みます。支払い日ギリギリのスケジュールでは、予期せぬ事態が起きた場合に対応ができなくなるので、余裕をもったスケジュールを考えましょう。

カフェ営業で大切な1日のスケジュールの作り方とは?

カフェ営業は、細かくて膨大な作業をしっかりと行うスケジュール管理をする必要があります。特に忙しいピークタイムと客数が少ないアイドルタイムでのワークスケジュールを作ります。スタッフの増減の管理ができるワークスケジュールを作ることで、無駄が出やすい人件費を抑えることができます。

また、膨大な作業を一人で切り盛りするスケジュールを1年間続けるのは、とても大変な事です。そこが、カフェが長続きしない原因でもあります。あなたのカフェが長く楽しく営業できるように、無理なく、負担のない効率の良いスケジュールを作ることが大切です。

カフェ開業 関連記事

カフェ内装見積.comでは、カフェの内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案や見積もりを受けることができます。 もちろん「店舗併用住宅」の案件についても対応致します。

カフェを開業するにあたって、内装工事にかかる費用は大きな割合を占めますよね。 慎重に複数の業者からの提案を比較検討したいところです。 このサイトを活用して、理想のカフェに適した内装業者を選んでください。

デザイン面はもちろん、資金面においても、オーナー様の満足のいく状態でカフェが開業できることを、心より応援しております。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ