カフェのオープン前から集客を行うべき理由とは?

カフェ開業の準備期間は作業に忙殺され、オープン後の集客を後回しにしている場合があります。しかし、カフェオープン時の広告ほど、告知効果が高い機会はありません。カフェ成功のカギはオープン前からの集客が大切です。

開業前にお客様にカフェオープンの告知をしなければ、オープン日に空席を作ってしまいます。

ここでは、カフェオープンを成功させるための様々な方法について説明します。

カフェオープン前よりオープン予定日の告知を行う

カフェのお客様となるのは、近隣に住む方々が多いと思われます。近隣とは、第一商圏といい、お客様がほぼ毎日来店する可能性のある範囲を指しています。広さは、おおよそで徒歩10分から15分程度の範囲もしくは、半径500メートル以内を指します。

第一商圏にいるお客様へカフェオープンする予定日を張り紙でお知らせします。告知時期は物件を契約した後、すぐに行うのが良いでしょう。お店の前を通る人は、新規オープンの店舗へ注目しています。どんなお店になるのか、どんなメニューがあるのかなど、オープン前にお知らせすることで、来店してくれる可能性が高まります。

オープン前から、近隣へのオープンあいさつ文を配布する

カフェ物件の契約をしたら、あいさつ文の入った封筒やチラシを店頭に準備します。住宅地などの場合、近隣へ工事の騒音などでご迷惑がかかるなどの理由で、あいさつ回りを行いながら、カフェの告知を行っていきます。

また、店舗前を通るお客様への告知として、持ち帰りのできるチラシを準備しておきます。その際に、ブログやホームページのURLを記載し、ネットからも集客できるようにします。そのため、事前のブログやホームページの開設をしておきましょう。ブログでは、オープン準備の様子や、カフェメニューの試作などの写真をアップすることで、お客様がカフェオープンを楽しみしてくれるように、情報発信していきます。

ご近所のテナントや異業種の経営者と仲良くなる

カフェオープン前の集客準備は、お客様を増やす工夫だけではなく、協力者となっていただける方と仲良くなることも大切です。近隣の店舗のほかに、お互いに協力できる異業種の経営者などへもあいさつに行きましょう。

出向く際には封筒入りのオープンのあいさつ文と、ちょっとしたお土産を持参します。お土産を持参することで、少しの会話する時間をいただけます。その中で自分のお店の紹介だけでなく、相手のお店の良いところなども聞いておき、互いに協力し合える仲になりましょう。協力者のお客様の紹介だけでなく、口コミの協力も期待できます。

プレオープンを行い、常連客を確保しましょう

カフェの内装工事が完了し、オープンの準備が整ったら、その直前にご近所の方や友人、知人、協力者を招いて、プレオープンを開催することも、常連客を作る良い方法です。

プレオープンを開催するチラシを作成し、ご近所へ配布します。料理などの試食だけでなく、プレゼントなども用意します。一度したお客様は、敷居が低くなり、リピート率が高くなります。また、プレゼント効果でもリピート率が高くなります。

プレオープンを行う理由として、お客様の情報を入手することも必須です。お名前や連絡先、ご住所等が分かれば、御礼状を送るだけでなく、カフェオープン後のイベントやキャンペーンの案内を送ることができます。

カフェのオープン前から集客を行うべき理由とは?

カフェオープン日にお客様がいないというのは、あなたのカフェが注目されていない、知られていないという事の証明です。カフェオープン日の集客の失敗は、お客様にとても悪い印象を与えてしまいます。そのため、カフェオープン日には、満席になる、行列ができるなど、カフェオープン前から様々な作戦で、集客を行う必要があります。

カフェ経営を成功させるためにも、オープン前の集客をしっかりと行っていきましょう。

カフェ開業 関連記事

カフェ内装見積.comでは、カフェの内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案や見積もりを受けることができます。 もちろん「店舗併用住宅」の案件についても対応致します。

カフェを開業するにあたって、内装工事にかかる費用は大きな割合を占めますよね。 慎重に複数の業者からの提案を比較検討したいところです。 このサイトを活用して、理想のカフェに適した内装業者を選んでください。

デザイン面はもちろん、資金面においても、オーナー様の満足のいく状態でカフェが開業できることを、心より応援しております。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ