カフェ向きのいい店舗物件を見つけたときには?

やっと見つけた、カフェの店舗に適した物件。 でも、ちょっと待ってください。 その物件で本当にカフェを営業できるかどうか、最低限確認すべきポイントをお教えします。

カフェ物件に必要な最低限の設備

カフェをオープンするにあたって最低限すべき物件の設備は、以下の4点です。

  • 空調
  • ガス
  • 水道
  • 電気

たとえば電気の場合、カフェの運営に必要な電気の供給量が足りない際は、別の経路から電線を引くことになります。 水道についても同様です。 窯などの特殊機材を導入せずとも、冷蔵庫や食器洗浄機などの業務用機材のものを使用するだけで、通常の供給分では不足する場合があります。 物件を借りるにあたって、電圧や水圧のチェックを欠かさないようにしましょう。 万が一、店舗営業のため大がかりな工事が行われた場合、百万単位で費用がかかることもあるので注意が必要です。

また、大家さんや不動産業者は、店舗設備の専門家ではありません。 「大丈夫」と言われても鵜呑みにせず、必要電気量と電気の供給量を照らし合わせは必ず行うことが、失敗しないためのキーポイントです。

工事関係者など、店舗設備に精通した専門家に診断してもらうことも一つの手段です。 しかし、調査を依頼した場合は、その後の受注を期待されているケースもありますので、相談先については慎重に選びましょう。

その他、カフェ開業のために確認するといいこと

カフェ店舗用に駐車場が必要であれば、それも確認しておきましょう。 店舗の立地が郊外であればあるほど、駐車場は欠かせません。 地域の特性を調査しましょう。

また、2階以上の階にカフェの店舗を借りる際は、ビルの前や、1階共用部に、カフェの案内板を置けるかどうかの確認もしておきたいところです。

カフェの開業に融資を必要とする場合も、事前の確認が必要です。 まず物件を仮契約して押さえた上で、融資を受けられるかどうかを確認する必要するのがよいでしょう。 物件への融資などを考慮に入れたスケジュールについては、「カフェ内装工事のスケジュールとその注意点とは?」も参考にしてみてくださいね。

あらかじめ、物件調査の前から信頼できる内装業者を見つけておくと、いざと言うとき慌てません。 急ぎであれば、お電話ください。 複数の業者からの見積もりを、一括でお送りします。 デザイン案も、提携内装業者からの提案を差し上げることが可能です。 まずは一度、「カフェ内装見積.com」までご相談ください。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ