カフェ内装工事の一括発注と分離発注のメリットとデメリットとは?

カフェの内装工事を依頼する方法には、一括発注と分離発注の2つの方法があります。その発注方法により、面倒なやりとりが無い方法や予算を抑える方法などがあります。そのため、あなたの希望する工事内容によって依頼する方法を決ましょう。

ここでは、あなたの希望する内装工事の依頼方法を知るために、一括発注と分離発注のメリット、デメリットについて説明します。

カフェ内装工事の一括発注のメリット、デメリットとは?

一括発注のメリット

内装工事の一括発注とは、内装設計のデザインと、内装工事を同じ業者へ一括で依頼する方法です。一つの業者が設計やデザインから、工事が終了するまでを一括して請け負うため、打合せや進捗確認など一つの窓口で行えるため、やりとりがスムーズにできることがメリットです。

また、一括発注は同じ担当者と何度も打ち合わせを行う中で、互いの認識を擦り合わせすることができます。あなたの希望する内装デザインをしっかりと理解してくれて、お任せできる担当者に発注できるかどうかが、成功の鍵となります。

一括発注のデメリット

一括発注のデメリットは、依頼した業者より、ガス・水道・電気などの専門工事を協力会社へ依頼し、工事を行うため、若干の費用が高くなります。ただし、工事の管理や万が一のトラブル処理の保障としてみれば、特に高い費用ではありません。

分離発注の特徴とメリット、デメリットとは?

内装工事の分離発注は、設計デザインと内装工事を別々の業者へ依頼する方法です。設計デザインはデザイン会社へ依頼し、木工工事やガス・水道・電気工事など、専門の工事をそれぞれの業者へ直接依頼します。

分離発注のメリット

すべて自分で工事の発注を行い、一つ一つの業者と、交渉し、打ち合わせが必要となります。そのため、すべてが自分の好きなように交渉し作り上げることが可能です。それぞれの工事で安い業者に依頼することで、コストダウンできます。

分離発注のデメリット

分離発注のデメリットは、発注側がデザインや工事の専門の知識を持っていなければ、交渉やスケジュール管理ができません。つまり、ある程度の知識がなければ、分離発注をすることができないのがデメリットです。

また、各業者と頻繁に打合せを行う必要があるため、かなり時間が取られます。知識と時間を両方備えていなければ、分離発注を行うことは難しいと言えます。

カフェ内装は、一括発注と分離発注、どちらが良いのか?

カフェを開業するまでには、様々な準備に時間も労力もかかります。分離発注はコストダウンすることができると言われますが、実際に分離発注でコストダウンできるのは、以下のスキルが必須となります。

  • 内装工事の知識が豊富で、工事の経験や実績がある
  • 頻繁に打ち合わせができ、現場に行く時間がある
  • スケジュールや職人さんをマネジメントできるスキルがある

もし、一つでも足りないスキルがあれば、分離発注は失敗し、余計に費用がかかる場合もあります。

あなたが信頼し、お任せできる業者へ一括発注すれば、デザインや工事を別々の業者に依頼するよりも時間も労力も少なくてすみます。そのため、カフェ開業まで膨大な準備に専念することができますので、内装工事の依頼は、一括発注をおすすめします。

カフェ開業 関連記事

カフェ内装見積.comでは、カフェの内装に詳しい複数の内装業者から、デザイン案や見積もりを受けることができます。 もちろん「店舗併用住宅」の案件についても対応致します。

カフェを開業するにあたって、内装工事にかかる費用は大きな割合を占めますよね。 慎重に複数の業者からの提案を比較検討したいところです。 このサイトを活用して、理想のカフェに適した内装業者を選んでください。

デザイン面はもちろん、資金面においても、オーナー様の満足のいく状態でカフェが開業できることを、心より応援しております。

詳細はこちらをクリック!

Tel:0120-56-7130

サブコンテンツ

このページの先頭へ